Stabbing Westward / Dead And Gone

Dead and Gone

Dead and Gone

  • 発売日: 2020/01/03
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

 US出身のオルタナティブメタル/インダストリアルロックバンドのEP。

 

 2002年に解散した彼らがバンド生誕30周年にあたる2016年に再結成し、新作音源としては2001年の4thアルバム以来なんと約19年ぶりとなるEPが2020年にリリース。再結成については以前から噂やちょっとした動きなど小さな伏線がいくつか示され、いざ再結成されても(ボーカリスト・Christopher Hallらが2003年に開始したバンド・The Dreamingの活動もあったせいか)単発の活動が多く、少しずつ歩を進めていたようで、いかにも助走の長い彼ららしい。もはやあの非常に特徴的な、過剰なまでの感傷的で耽美な歌メロをエモーションたっぷりに歌うボーカルは説明不要の据え置きっぷりなので置いておくとして(えっ)、サウンド的には路線変更になった再結成前の最終作4thアルバム「以前」のダークなインダストリアルロックに回帰しつつも、ギターロックから徐々にエレクトロ要素を増していったThe Dreamingの晩年の延長でもあるような、かつてのバンドグルーブやヘヴィなギター感を抑えた明らかにシンセ/エレクトロ重視。4つ打ちベースなのも相まって結構新鮮だし、逆?の3曲目の大陸的ロックバラードという直球もまた良し。全5曲うち新曲3曲という顔見せ程度のボリューム感だけど、両バンドのキャリアが混ざりながら模索も含め形になった印象があるので、久しぶりのEPとは言え音楽活動自体は隙間なく継続していたことになる彼(ら)にしてみれば、バンド名に関わらず結局はその時々のやりたいことが反映されてきたと見るのが筋かなと。大好きなバンドなので本格的な復活がとても嬉しいし、制作が明言されているフルアルバムがますます楽しみになりました。

  

 

 再結成以前のフルアルバム4作品についても紹介記事を書いており、この機会に文章を少し修正していますので、よろしければ合わせてご覧ください。改めて聴いたけど「Darkest Days」は本当に神盤だな…!