The Dreaming / Etched In Blood

Etched in Blood

Etched in Blood

 

 US出身のインダストリアルロックバンド・Stabbing Westwardの元ボーカリスト・Christopher Hallを中心としたオルタナティブロック/インダストリアルロックバンドの1stアルバム。

 

 Stabbing Westwardが音楽性の違いやレーベルとの不和で2002年に解散した翌年、ボーカリスト・Christopher Hallが数名のメンバーを引き継ぎ新たに始動したバンド。しかし結成自体は、まだ前バンドが存続中の頃だったという話も。多数のライブをこなしEPを制作するなどの活動を経て、2008年にようやく初のフルアルバムがお目見え。Stabbing~が好きだったからこのバンドも気にしていたけど、だいぶ待つことになってしまった。そんな本作ですが、装飾のないストレートなバンドサウンドを基軸にし、ズンズン刻んだりガシガシ鳴らされる骨太なギターを前面に出しながら、ほとんどが2~3分台という短さのアッパーな楽曲を連発して勢いよく駆け抜けてサクっと終わっていきます。シ、シンプル!一応彼らは当初からメディア上でインダストリアルロックという分類もされているものの、そういった要素はこの時点ではほぼ皆無、というかむしろハードロック。しかしそんな中響くChristopher Hallのエモーショナルなボーカルと、感傷/衝動を具現化したような独特のメロディセンスは前バンドから引き継いだ重要なアイデンティティとして健在だし、前バンド最終作のような穏やかタイプの箸休め曲も時折挟まれ良いバランス役に。新人バンドとしての仕切り直しを意識したなんてことはないだろうけど、この方向性や明快さは彼らのセールスポイントの一点集中として実に潔いと思うし、Stabbing~が好きだった管理人としては、別物としてなかなかのお気に入りになりました。