Techno Animal / Ghosts

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/en/thumb/7/7d/Techno_Animal_Ghosts.jpeg/220px-Techno_Animal_Ghosts.jpeg

 The Bugを始め多方面で活動するUK出身のミュージシャン/プロデューサー・Kevin MartinとGodflesh等で活動するJustin Broadrickの2人によるイルビエントプロジェクトの1stアルバム(1991年)。

 

 フリージャズプロジェクト・Godにて邂逅したKevin MartinとJustin Broadrickの2人によって1991年に結成。プロジェクト名の "テクノ" は音楽ジャンルではなく技術的な概念の意とのことで、彼らの発する音楽は "イルビエント" とも分類されています。重層的なダブの音響、ヒップホップ由来のサンプリング、多様なビートプログラミング等を要素としたジャンルとのことで、詳しくはWikipediaをご覧下さい。例によって彼らの作品もどれも入手困難なのであまり他作品との比較はできないんですが、本作に限って言えば、ノイズや加工された呻き声のような不気味なサンプリング/音響が層をなし、重金属的なリズムトラックが延々と反復する強迫的かつ拷問的な音楽。後の作品ではもう少しダブの色を濃くしていく(らしい)けど、ここではもっとインダストリアル/ジャンク感が強い。一部ではGod由来と思しきサックスの加工音がまるで分裂する微生物のように入り乱れ、どことなくGodの曲の破壊→再構築のようでもあるし、徹底的に無機質ではありながらもまさにジャケットのような(?)奇妙な生物の息づかいや生態を連想させるような(怖い)躍動感もあり、個人的に聴く前は難解な音楽かもと身構えてしまっていた割には結構入り込めました。Justin BroadrickはGodfleshの活動と相互に影響を与え合ったとも公言しているようです。ちなみにこのプロジェクトは2004年まで活動が続き、最終作はIceの延長とも言える異色のインダストリアルヒップホップのアルバムとなっているけど、それには名義の使い分け等の面で制作上の事情があったのだとか。そして両名は2017年に新たにZonalを結成し、このTechno Animalの精神を受け継いだ活動を展開しています。

 


 Kevin MartinとJustin Broadrickによる他のプロジェクト、GodとIceのアルバムは過去に1枚ずつ紹介記事を書いており、今回を機に文章を少しだけ見直しているので、よろしければ合わせてご覧ください。

 

Steroid Maximus / Gondwanaland

Gondwanaland

Gondwanaland

Amazon

 オーストラリア出身のFoetusことJG Thirlwellによるビッグバンド/インダストリアル/インストゥルメンタルプロジェクトの2ndアルバム(1992年)。

 

 前作よりわずか1年でのリリース。今作でも複数名のゲストが制作に参加する中、当時特に昵懇だったPIGのRaymond Wattsとは半数近い6曲に渡って共作。その貢献ぶりの説明か何かを「FoetusとPIGのコラボユニット」とかつての管理人は読み違えてしまったのかも知れません。と、前作の記事では自分語りが先んじてしまったけど、このSteroid MaximusはJG Thirlwellによるインスト楽曲を制作するサイドプロジェクトで、主にクラシック/ジャズ/ビッグバンドを軸に、実験音楽やインダストリアルの要素を絡め構築したような音楽を展開しています。FoetusでもPIGでもそういったジャンルの素養が表出していただけにお手の物という感じだけど、今作ではその方向性に加え、エスニックなジャングルビート、人物の音声や鼓動などのサンプリング、映画のようなスケールのオーケストレーション、そしてそれらを駆使した楽曲が一部楽章仕立てに並べられるなど、音響的に一歩進んだ楽曲/作品作りに踏み込んでいます。そのせいか、前作のメイン級の楽曲が2曲引き継がれている割には、全体的に色彩薄めでマニアックな響き。どこか純インダストリアル(中期Test Dept.とか)っぽい?インスト集というよりは、何かに準拠したような音世界の表現という点で、元々想定する "架空の映画のサントラ" というコンセプトには近づいたのかも。また、後年にJG Thirlwellは本名で実際に米国の人気コンテンツのサントラ作品を手掛けることになり、その際はこのSteroid Maximusのスタイルを踏襲したという事らしく、その一貫したセンスや姿勢には驚かされます。

 

Steroid Maximus / ¡Quilombo!

Quilombo

Quilombo

Amazon

 オーストラリア出身のFoetusことJG Thirlwellによるビッグバンド/インダストリアル/インストゥルメンタルプロジェクトの1stアルバム(1991年)。

 

 JG Thirlwellが当時のアーティスト活動に一旦区切りをつけたのか、精力的に活動をしていた1980年代から一転、1990年代に入ると新作のリリースが(一時的に)ほぼ途絶え、リミキサーやプロデューサーなどの裏方的な作業が活発に。そんな折、今までの「Foetus ○○○」という形ではない新規プロジェクトが始動。彼は元々インストゥルメンタルの楽曲の制作にも意欲的であらゆる所で聴けたけど、それ一本にフォーカスする場として新たに立ち上げたものらしいです。管理人はお恥ずかしいことに、インダストリアルロック聴き始めでFoetusやPIGを知りどんどんハマっていった頃、このSteroid Maximusを「FoetusとPIGのコラボユニット」と勘違いしウキウキで手にしたら、中身が想像と全然違う全編インストのビッグバンドなアルバムでズッコけたという痛い思い出があります(苦笑)。ボーカルもメタルギターも入ってないじゃん!ヘコー!という、当時の稚拙とも言える感性で受け止めてしまったわけですが(まぁ、この嗜好は今もほぼ変わってないですが…)、時間が経ち聴き直してみるとどうして。Foetus印と言わんばかりの暴力的なビート、ラウドに響くホーンセクション、不協和音的なピアノ、地鳴りのような背景音など、かなり混沌としたアンサンブルではあるものの、それが一つの規律によってアカデミックに鳴らされているような印象もあり、不思議な存在感を示します。数名のゲストが参加しており、PIGのRaymond Wattsと共作したタイトル曲も、インダストリアル・ラテンジャズとも言うべき期待通りのカラーが素晴らしい。強弱のついた全体の流れも良く、Foetusが好きなら見逃せないアルバムです。

 

Dope / Blood Money Part 1

BLOOD MONEY PART 1

BLOOD MONEY PART 1

  • アーティスト:DOPE
  • 発売日:2016/10/28
  • STEAM
Amazon

 US出身のオルタナティブメタル/インダストリアルメタルバンドの6thアルバム。

 

 当初の予定より約2年半もずれ込み、結局前作より約7年という最長スパンでのリリースに。二部作での構想が予定されており、タイトル通り本作はその1作目のようです。やはりというか今作でも当然のように制作陣が(Virus以外)入れ替わっているけど、Edsel DopeとVirusの2人が中核を担うといういつもの形ではなさそうで、楽曲制作や各種パートに境界を設けず広く重用しているようだし、本作の発売前に初期のメンバーで初期アルバムのツアーを行ったのを契機に久々に合流した人物もいるなど、割と和気藹々とやってるっぽいです。良かった。かと言って別に例えばバラエティ豊かだとか大きく作風が変わるわけでもなく、ここに来てそれまでさほど重要視してこなかったインダストリアルメタルとしての側面を強調する方向で統一。激しいメタルリフの裏で別の色を加える機械的な効果音、引っ掻き傷を残すようなエレクトロニックなどが重なり、ダークでクールなヘヴィサウンドとして磨きをかけています。不穏なインタールードを複数挟んでいるのもその印象を強めていたり。しかしそこだけに特化という訳でもなく、ニューメタルの作法やメタルコアのスピード感、テクニカルなギターソロなどを駆使し、積み上げたキャリアと今鳴らすべきトレンドを融合させ、総合力でしっかりと勝負をかける。 "理屈抜きの格好良さ" を体現しています。ちょっとギャングスタ感というか従来のワルいノリはやや抑え気味だけど、楽曲の良さや切れ味だけで十分に満足できるレベル。彼らが現役であることに感謝したくなる傑作であります。しかし、次作Part 2についてはあまり待たせず作るみたいな感じだったのに、結局また長くなりそうな…まぁ こんな仕事 してたら仕方ないか。

 

 

 そんな彼らの過去作についても、だいぶ前に紹介記事をひと通り書いており、今回を機に全体的に文章を見直していますので、よろしければ合わせてご覧ください。思えば我が心の師・TCRさんが大好きなバンドだったよなぁDope…。そのお陰で管理人もかなり聴いたし、この手のジャンルの入り口としても助けられた記憶があります。初期はMarilyn Mansonに激似だったというのも大きいけど。

 

KMFDM / Brimborium

Brimborium

Brimborium

  • アーティスト:KMFDM
  • 発売日:2008/02/19
  • Metropolis
Amazon

 ドイツ出身のインダストリアルバンドのリミックスアルバム。

 

 リミックスアルバムとしては約2年ぶり2作目(「Naïve」のリイシュー盤「Naïve Hell To Go」を除く)で、本作の約半年前にリリースされた15thアルバム「Tohuvabohu」の楽曲を主体とした作品。ちなみにタイトルはドイツ語で「理解不能」「(驚き)」「デタラメ」などを意味するようです。実質全8曲でほぼセルフリミックスだった前リミックス作と比べると、曲数が少しだけ増加したり、Combichrist、Die Krupps、Angelspit、16Voltなどの実績のある同業他者バンドがリミキサーとして参加するなど、拡張された内容となっています。そのCombichristがいきなり1曲目に王道のダークエレクトロに作り変えたような楽曲を放ってビックリもするんですが、他にはそこまで逸脱したような曲はなく、原作「Tohuvabohu」に多かったメタルギター&シンセベース&キックで勢いよく突っ走る!的な単調だけど強力な様式を一度解体し、原曲からあまり遠ざけずにストイックでハードタッチな四つ打ち、エレクトロ/ダンスに再構築したような全体像でほぼ統一されています。KMFDMのメカニックから大きく外れていないので安心して聴けるけど、カバー曲や突飛なアレンジなどのアクセントはないので企画盤的な面白みは薄め。