KMFDM / Xtort

Xtort

Xtort

 

 ドイツ出身のインダストリアルバンドの8thアルバム。

 

 主要メンバーEn Eschは制作のごく一部に関与するのみで、Sascha Konietzko主導のもとゲストミュージシャンとのコラボレートが更に進んだアルバム。久方ぶりの参加となったEinstürzende NeubautenのFM Einheit、USのインダストリアル界の著名ミュージシャンChris Connellyらが参加。女性ボーカルも数人入り乱れ、曲によって色々と違ったコーラスワークが楽しめます。ただ前作ほどサウンドにゴージャス感はなく、全体的にシンプルでノイジーなサウンドへ回帰。しかし、その中で彼らの最も得意とするダンサブルなノリや、他のバンドにはとても真似出来ないユニークな突き抜け方が表に出て、軽い足取りでノリノリに進んでいく様は想像以上に心地よいです。ストイックな印象ながら決して面白みがなくなった訳ではなく、総じてバラエティに富んだ前作に引けをとりません。スローなトラックも含めて、マニアックとキャッチーの狭間を漂う絶妙の均衡が保たれ、じわじわと引き込まれてしまいます。彼らの新しい代表曲になり得るイケイケなダンスロック「Power」、高速インダストリアルロック「Son Of A Gun」は特に素晴らしい。名盤「Nihil」に続き、KMFDMの黄金期を証明する名作。