Devin Townsend / The Hummer

The Hummer

The Hummer

  • HevyDevy Records
Amazon

 カナダ出身のマルチミュージシャン/プロデューサー・Devin Townsendのソロ通算9作目、Devin Townsend名義での5作目(2006年)。

 

 前作「DevLab」に続くアンビエントアルバム第2弾で、前作同様にレーベルの限定直販CD&DLという形態。今回はちゃんと各曲に曲名がついているけど、15分超の楽曲が2つ、23分の楽曲が1つ(!)を含む全6曲72分超えとやはり一筋縄ではいかなそうな予感。そして再生して驚くのは、前作以上にマニアック…というか本格?アンビエントへ。真空パックされた空間に、低周波の無機質な機械音のようなものがひたすら鳴り続け、やがて残響だけが時間をかけてめちゃくちゃゆっくりと増幅されていったり、鼓動のようなリズムが薄っすら刻まれたり、環境音のようなノイズが垂れ流され続けたり…と、そういった音像がずーっと続きます。あとは3曲目の頭でフルートが鳴るけど、他では映画のサンプリングやモールス信号なども含む箇所もあるのだとか。前作も普段の彼の音楽からは想像もつかないものだったけど、徹底的に引き算されたような本作に比べるとまだインスト音楽としての起伏や展開が考え抜かれているような側面もあったなと思えるほど。さざ波が心地よい最終曲はいくらか光を感じますけどね。普段の彼の音楽とのギャップありきで楽しむべき作品か。しかし万人受けしないという前提で制作するのなら、むしろこのアンビエントアルバムこそ別名義でリリースすればいいのにとお節介にも思ってしまいます。