God / Possession

Possession

Possession

 

 The Bugを始め多方面で活動するUK出身のミュージシャン/プロデューサー・Kevin Martinを中心としたフリージャズ/インダストリアルメタルユニットの1stアルバム。

 

 1987年にKevin Martinとギタリストの2人で結成され、翌年にGodfleshを始めたばかり?のJustin Broadrickと邂逅し本格始動という経緯があるようです。本作以前にはJustin Broadrickがプロデューサーに就きシングルやライブ盤などをリリースし、初のスタジオ作である本作にはプレイヤーとして参加(多分)。他にはJohn ZornやTim Hodgkinsonなど著名な実験音楽畑のミュージシャンも制作に関わっているようです。内容はスローなグルーヴで反復を繰り返すドラムやダブに接近したベースラインにフィードバックギターがどっしりと重く、GodfleshやScornのような音がよりコアに生で鳴っているといった趣だけど、その上を無軌道に駆け巡るサックスやヒステリックなピアノの合わせ技が衝撃的。音階を奏でるというよりもノイズのような使い方で、先の読めない即興のようなフレーズが無秩序な全体像を加速させています。相当マニアックな音楽だと思うけど、実験音楽やフリージャズに理解のある人だけでなく、GodfleshやEarache Recordsのバンドなんかが好きなら何かしら響くものはあるかも。ただ、彼らのCDは全てが入手困難品の模様(管理人はたまたま本作のみ入手)。Godはあまり評価を得られず終わったそうだけど、こういう実験精神が後の数々のプロジェクトに繋がっていったのだろうと思います。