KMFDM / Symbols

Symbols

Symbols

 

 ドイツ出身のインダストリアルバンドの9thアルバム。

 

 ジャケット上のタイトルには記号が羅列されているため、一般的に便宜上「Symbols」と呼ばれています。再び音楽性に軌道修正が加えられ、テクノ/レイヴに接近。スクエアビートと派手に飛び交うエレクトロニクスが全体を支配する、デジタル・インダストリアル・ダンスです。とは言ってもまだまだギターノイズも効いてるし、ファンキー&ソウルフルな味付けも顔を覗かせるので、もっとテクノ化する次作「Adios」への橋渡し的作品と捉えてもいいと思います。長い曲や地味な曲もあるけど、KMFDMの新たなアンセムとなり得る「Megalomaniac」がいきなり素晴らしいし、PIGのRaymond Wattsが参加したヘヴィでマシーナリーなギターリフが迫ってくる「Spit Sperm」や、Tim Skoldが参加した必殺の泣きメロナンバー「Anarchy」など良曲も多く、決して中途半端ではなくしっかりと成立している作品だと思います。個人的には結構深い思い入れがあって今でも大好きなアルバムだったりします。