Skold Vs. KMFDM

Skold Vs Kmfdm

Skold Vs Kmfdm

 

 スウェーデン出身のマルチミュージシャン/プロデューサー・Tim Sköldと、ドイツ出身のインダストリアルバンド・KMFDMの中心人物・Sascha Konietzkoによるスプリットアルバム(2009年)。

 

 Tim Sköldはこの当時Marilyn Mansonを脱退した直後になるのかな?彼はもともと1997年~2002年にKMFDMにゲスト参加/在籍していたこともあり、KMFDMのSascha Konietzkoとの組み合わせは意外でも何でもなく、むしろ近辺のインダストリアルロック愛好家にとっては馴染みの深いタッグ。しかしそんな彼らが久しぶりに(2002年以来?)手を組み、スプリット盤という形で新作を発表ということで、ファンには期待が高まったことでしょう。その内容は、エレクトロニックやサンプリングを濃密に駆使したインダストリアルロック/ダンス。ダンサブルな曲もあるにせよミドルテンポが主体で、ほとんどギターレスと言っても差し支えがないくらいギターの存在感はなく、ボーカルが歌い上げるわけでも鮮やかなシンセが響き渡るわけでもない。その低音重視のサウンドは、迫力や厚みも感じさせるにせよ、印象としてはとっても渋い。しかしかつては自身のソロで、また参加したKMFDMの楽曲で顕著だったお家芸とも言えるダーク&メランコリーな曲展開の機微はまさに唯一無二。収録曲と同名のインタールード曲を交互に配置し、全体的にダブ/ダークアンビエント的な演出にも特化していて、彼(ら)の王道とアルバム構造の実験性が高いレベルで融合しており、なかなか興味深い一作になっているかと