Dope / Life

Life

Life

 

 US出身のニューメタル/インダストリアルメタルバンドの2ndアルバム。

 

 メンバーチェンジを挟み構成を一新、そして躍進の作品。インダストリアル色が薄れより自然体のDope流ロックへ。楽曲のクオリティも格段に向上し、軽快な楽曲ももちろん楽しませてくれるけど、特にメロディアスな楽曲の成長が著しく、このアルバムで聴ける過剰なくらいの物悲しいメロディはクセになっちゃいます。中でも「Now Or Never」「With Or Without You」の切ない美メロは逸品。「Nothing (Why)」はMarilyn Mansonの某曲まんまなんですが、サビで飛び出すメロディが帳消しにしちゃうくらい美麗(えっ)。 特に重かったり激しかったりするわけでも目新しさがあるわけでもないけど、その一皮向け安定したサウンドや魅力的なメロディと、全体で45分強くらいのボリュームという聴きやすさも含めてよくまとまっている作品だと思います。インダストリアルメタルとしてよりも「純粋に格好いいロックバンド」として聴く方がいいでしょう。

 

広告を非表示にする