I've / LEVEL OCTAVE

I've Girls Compilation vol.8 「LEVEL OCTAVE」

I've Girls Compilation vol.8 「LEVEL OCTAVE」

 

 北海道に拠点を置き、アニメ/ゲーム系の楽曲を中心に制作するクリエイターチームによるGIRLS COMPILATIONシリーズの第8弾。

 

 ベスト盤を挟み、I'veの主力であるKOTOKO島みやえい子の卒業後初のコンピ盤。とはいえKOTOKOは卒業前・後で発表した4曲を収録しているけど、全体的な顔ぶれや比率には幾分変化が訪れ、一つの転換期を迎えています。パッと見目立つのは、電波ソング集で顔見せしていた新人3人組ユニット・Larval Stage Planning。ユニット名義の曲は普通だけど(えっ)朝見凛は王道のアプローチ、前作より参加の桐島愛里はがなり声混じりのGS歌謡風ロックでの不良性、舞崎なみはどっしりと構えたスケール感等、個人名義では各々がキャラ立ちを感じさせる仕事ぶり。そして本作の決め手に詩月カオリが3曲も担当!彼女らしいミドルバラードだけでなく、キラキラとしたデジタルダンスポップ「Hold on me ~恋の魔法~」(かわいい)や電波トランスロック「☆虹色ロックンロール♪」(かわいい)で彼女のアイドルチックな可愛らしさを違う角度から体現するなど、過去の奥ゆかしいポジションから一転、作品の顔にならんとする大活躍!カオリンフリークにとっては鼻血垂涎モノ確定であります!!すいません取り乱しました。他にもコンピ盤には約10年振りの参戦となる歌手が2人いて、Keyからのゲストボーカル・Liaは高い歌唱力を生かした雄大な4つ打ち、シャッフルカバー作でI'veへ復帰したMAKOは"ザ・I've"なマニアックなトランスと、お約束&鉄板の新旧の名曲で作品に新鮮な風を吹き込みます。KOTOKOのどの楽曲も素晴らしく、また川田まみの「INITIATIVE」も文句なしの名曲だけど、それを押しのけてしまう程に主役足り得る面々がひしめいた充実作であり、重い曲のない明るいムードも手伝い、I'veの新たなスタートとして実に相応しいと思います。