URGESNAKE / PULSE

 東京を拠点に活動した3人組ハードコアバンドの1stアルバム(1994年)。どう聴いてもGodfleshです。本当にありがとうございました。

 

 …と、これだけで説明がつきそうなんだけど、それで終えるのも何なので簡単に感想文を。管理人も彼らについてまったく知識がないのですが(何をきっかけに知ったのかも忘れた)かつて日本に存在した3人組ハードコアバンドで、活動を続けていく上でインダストリアルサウンドへ移行したそうです。で、恐らく単独の音源として唯一形になっているのが本作。ものの見事に、笑っちゃうくらいにGodflesh。Godfleshはあまりにも偉大すぎるバンドだし、その影響力も地味に(あくまで地味に)凄いんですが、この音源は「影響」というより「再現」に終始していると言っても過言ではないです。怒号めいたボーカル、ノイジーに鳴らされる裏でフィードバックで浮遊したりもするギター、そして硬い打ち込みリズムマシン。この三本が合わさってエッジ鋭くに聴かせるサウンドや、どことなくダブで重たい雰囲気、アンビエント的アプローチも織り込んで一体化している様はまさに。Godfleshファンが聴いても一瞬じゃ判別つかなさそうなくらい似てます。それも「Pure」「Selfless」あたりの象徴的なサウンドを発していた頃を髣髴とさせるかな。さすがに本家と聴き比べると、単調に終わらない仕掛けやそう思わせないだけのパワーや深みといった点で物足りないけど(当たり前か)ここまで似てるとGodfleshファンの管理人なんかはニヤニヤしながら聴いちゃいます。予定されていたらしい次回作も聴いてみたかったですよ。