Crossbreed / Synthetic Division

Synthetic Division

Synthetic Division

 

 US出身のニューメタル/インダストリアルメタルバンドの1stアルバム。

 

 ニューメタル由来のヘヴィなサウンドをベースにしつつ、補助的にシンセ/サンプリングを乗せたよくあるタイプ。シンセは時々主役も張ったりするので、どこかシンセロックの雰囲気も併せ持ちます。全体的なイメージとしては、ちょっとサイバー風のDope、ネタっぽさを薄めたStatic-X、ヘヴィになったOrgy…とまぁいくらでも形容が出てくるように(笑)それほど特徴的ではなく、この手のバンドにありがちな中庸さが漂っています。Slipknotを意識したと思われる部分も少し。そこそこ激しいのでパッと聴きだとそんなに悪くないかなと思っても、ボーカルにしてもギターリフにしてもキーボードのフレーズにしても、単調な繰り返しが繋がり合って曲が成り立たっているような節があり、どうしてもワンパターンに聴こえてしまう。そのためずっと聴いてると飽きてきて、最終的には印象に残らないという。もう少し工夫すれば化けそうな気がするだけに惜しい。