Cop Shoot Cop / Consumer Revolt

Consumer Revolt

Consumer Revolt

 

 US出身のインダストリアルロック/ポストパンクバンドの1stアルバム(1990年)。

 

 当時ニューヨークのアンダーグラウンドシーンで活躍した、ニューヨークハードコアの近辺にあるバンドのようです。管理人はその辺に疎いので比較はできないのですが、インダストリアル(ロック)の範囲で考えるとなかなか興味深いスタイルかも。ダブルベース/サンプラー/ドラマーというユニークなグループ編成で、歪ませたベースの併せ技、乱打されるドラムとメタルパーカッション、奇妙なサンプリングといった要素が渦を巻いて、油の切れたロボットを無理やり動かしているような、そんな擦れた独特のジャンク音を形成しています。なんだか粉塵が舞ってそう。例えて言うならばTest Dept.、Swans、Foetusなどのレジェンドクラスのサウンドをそこはかとなく継承しているような感触があり、かつロックバンド的な力強さも兼ね備えている感じ。ポップではないけど、決して聴きづらくもない。後期につれて音楽性が変化していくようだけど、この頃のタフでジャンクなサウンドはなかなか痺れるものがあります。