島みやえい子 / EIKO SHIMAMIYA PRODUCE 5TEARS Vol. 3 ~Sweet Dragon~

  I've出身シンガーソングライターによる企画盤(2013年)。

 

 コミックマーケット85限定販売、シリーズ第3弾。過去2作は(基本的に)自身が制作した楽曲を5名のボーカリストが歌うという形だったけど、今回は逆転し、5名の外部クリエイターによる楽曲に島みやえい子が詞を書き歌うという構成。参加した作家は所属は様々ながら、井内舞子を始め同人音楽やアニソン/ゲーム音楽等で実績があり、かつ彼女をよく知る人物が並び、企画盤としても彼女の純粋な新作としても受け取れそうな作り。と同時に、自作曲やI've以外の楽曲を歌う機会は過去ほとんど無かったのを考えると「新たなる挑戦」と本作に銘打たれているのも決して大袈裟ではないんですね。過去のイメージを覆す──とまでは言わないけど、良い意味であまり敷居の高くない、コンパクトなポップソングが5曲5様。中でもギターリフが印象的な「Control」や、ダークエレクトロ×EDM(?)な「survivors note」は、どちらも「ひぐらしのなく頃に」関連曲とはまた一味違うダークさをダンサブルに聴かせるし、近年では全く見られなかった作風なだけに新鮮。また副題曲「Sweet Dragon」はお手の物と言える雄大な3連バラードながら、語り部に徹したような抑揚の少ない不思議な歌い回しが、美しいコーラスと相まって神々しさを覚えるほどだし、ボーナストラックの書き下ろし曲「new song」も、未来へ誘う希望と勇気に溢れた楽曲で、いずれも彼女の過去の名曲と照らし合わせても全く見劣りしない。どれもここでしか聴けない楽曲ばかりだし、十分にベテランの域にありながらも更なる可能性を証明するような若々しい作品だけに、一般流通しなかった(多分)のが惜しい。