島みやえい子 / EIKO SHIMAMIYA PRODUCE 5TEARS Vol. 2

5TEARS Vol.2

5TEARS Vol.2

 

 I've出身シンガーソングライターによる企画盤(2012年)。

 

 コミックマーケット83にて販売、後に一般販売された作品。文字通り、島みやえい子のペンによる楽曲を、自身を含む5人の歌手が歌う企画盤の第2弾で、前作のちょうど1年後にリリース。今回はジャケットがちゃんとしてて安心。島みやえい子以外の参加歌手が一新され、彼女と同じくI'veに所属していたSHIHO、Keyの作品のテーマソングを数多く歌ったシンガーソングライター/声優の多田葵ビジュアルアーツを代表する歌姫のLiaらが参加。SHIHOが歌うR&B風の「Distance」、Liaの高い歌唱力を堪能できる神秘的な三連バラード「Infini」、多田葵の柔らかい歌声と(文字通り?)生楽器を主とした「ピチカートの涙」(名曲!)などは、各歌い手の実力と、その個性に見合うようにアレンジを詰められておりどれも秀逸。そして島みやえい子が発掘したという鳥畑うみは、「ジェイドの龍」にて無名の大学生とは思えない堂々たる歌いっぷりで、そのファンタジックな世界を見事に表現。島みやえい子は先だって公開されていた安定のタイアップ曲の収録とは別に、Key筆頭の作家・折戸伸治が編曲を手掛けた書き下ろしリードトラック「青秋18切符」を担当。楽しげな列車の旅というテーマを軽快に歌う姿は逆に新鮮に映ってとても良かった。という訳で、1曲ごとのクオリティは勿論、オムニバス的な企画盤ならではの狙いもより鮮明になり、前作よりも遥かに好きですね。I've~Keyど真ん中ではないにしろ、その辺りの人脈に覚えがある人なら地味に楽しめそうな一枚。