MUCC / 極彩

極彩

極彩

  • アーティスト:ムック
  • 発売日: 2006/12/06
  • メディア: CD
 

 4人組ヴィジュアル系ロックバンドの7thアルバム。

 

 リリース年の2006年を自ら"Devilish Year"と題し、アルバム「6」や4枚のシングルリリース、国内&ワールドツアー、初の武道館公演と怒涛のスケジュールで精力的に活動し、それを締め括るかのごとく年の暮れにリリースされたアルバム。そんな訳で、内容もかなり豪華?というか、彼らのありったけを詰め込んできたなという感じ。ムックが本来持っているヘヴィネスの表層と、多方面の活動の中で受けたであろう影響、生まれたであろうアイデアを様々な形で1曲ごとにぶつけ、遊び心の有無問わず創作意欲のまま放出したかのようなバラエティ感が印象的。ラウド、メタルコア、パンク、ジャジー、ロカビリー、果ては沖縄民謡までも飛び出してくる様は、まさにタイトル通り色彩豊か。ムックが「何でもアリなバンド」と強く認識され始めたのも頷けます。そして、作風は違えど一曲入魂というくらい力の入ったシングル4曲が柱のように間に置かれていることで、上手く全体がまとまった感があります。おまけにどれも名曲で、特に「ガーベラ」「ホリゾント」の良質な郷愁・歌謡風味は、過去のトラウマを抉るような作風とはまた違う意味で"胸にくる"ものが。ハイペースでリリースされていたのにこの出来はちょっと凄い。ムック独特のアングラっぽさや湿っぽさはほぼ完全に消失しており、「鵬翼」以上に賛否があっただろうけど、人間いつまでも絶望したままではいられないし、いてはいけないということで。メジャーをゆくバンドとしての頼もしさを大いに感じさせる一枚。