BUCK-TICK / memento mori

memento mori(初回生産限定盤)(DVD付)

memento mori(初回生産限定盤)(DVD付)

 

  5人組ロックバンドの16thアルバム。

 

 彼らの場合、1作ごとの振り幅が大きかったり、次回作で音楽的に逆方向に振るなんてこともあったけど、本作においては前作から順当に歩を進めたという感じ。今井寿も「ここまでの集大成」という発言をしたらしく、この時期の彼らなりのロックやバンドサウンドの粋を集めた一作と言えそう。オープニングの「真っ赤な夜-bloody-」からイグニッション全開で、そこからもギアをチェンジしながら荒っぽい曲、リリカルなバラード、ポップな曲、GS歌謡風の曲と様々な様相を展開していくけど、やはり何はなくとも中心に位置するタイトル曲「memento mori」の素晴らしさ。琉球民謡を取り入れたという独特の音階やビートに乗せて、その意味である「死を想え」を逆説的にとらえ愛や生を賛美する、強力にポジティブなエネルギーに満ち溢れた佳曲。確かにちょっと変わってるというか、初めて聴いたときは驚いたけど(笑)。必聴です。とまぁ、これを筆頭に1曲1曲の濃さはなかなかのもの(その上で曲数も多めでちょっと胸焼け)。しかしそれもまた彼らのキャリアと間口の広さがなせる業であり、まだまだ貪欲に自分たちのロックを更新していくぞ、というようなパワフルな姿勢を感じさせてくれるのが頼もしい。個人的には「天使は誰だ」も外せない一曲。あの飄々としたカッティングが癖になる。愛 愛 LOVE LOVE!