VAST / Visual Audio Sensory Theater

Visual Audio Sensory Theater

Visual Audio Sensory Theater

 

 US出身のJon Crosbyを中心としたオルタナティブロック/インダストリアルロックバンドの1stアルバム。

 

 いかにもインダストリアルロック界隈のエレクトロビートやディストーションギターなんかはもちろんだけど、それ以上に耳に入ってくるのがアコギ/ストリングスなどの繊細な音色と、荘厳なバックコーラスによるアプローチ。これらが合わさってるのに全く違和感の無い不思議さ。異国情緒溢れるというか、民族的というか、宗教的というか、全体を通して不可思議かつスケールの大きい作品に仕上がってます。キャッチーさが先立つ音楽ではないけど、独特な旋律が印象的だし、 統一感もある上に、不穏だったり妙に癒されたりハードな曲もあったりと色々な感覚で楽しめます。そしてラストの「You」の大陸的なアンビエントで終わる構成も素晴らしい。しかし驚くのは、この作品を当時21歳という若さのJon Crosbyがたった1人で作り上げたこと。VASTの音楽の何たるかをこの上なく示すことに成功したと思います。あのMetallicaのドラマーLars Ulrichも絶賛したという逸話もあるようです。そしてこのアルバムがインダストリアルロックに分類されるのも驚き。でもそういうのも含めて、改めて面白いジャンルだなぁと思うのでした。