Blue Stahli / Blue Stahli

Blue Stahli

Blue Stahli

 

 US出身のBret Autreyによるエレクトロニックロック/インダストリアルメタルプロジェクトの1stアルバム(2011年)。

 

 正確にはこれ以前にインストアルバムで既にデビューしていたけど、ボーカルアルバムとしては初となるもの。プロデュースには前作同様にFiXT Musicの長Klayton。そして内容も、その環境や前身の活動から容易に想像のつくCelldwellerライクなエレクトロニックロック。彼自身の赤髪の風貌も含め、何かと影響バリバリといった感じ。恐らくは彼の中で試験的な意味合いもあったであろうインストアルバムの(ヘヴィ寄りの)音使いをそのままフルサイズに広げた感じのサウンドだけど、そこに乗るボーカルがこれまた素晴らしい。FilterのRichard Patrickを思わせるエモーショナルでパワーのある歌声、そして訴求力を一点集中させたような、一聴した人を惹き込むメロディ。その合わせ技はどことなく初期のLinkin Parkのようでもあるし(ラップはないけど)、1曲単位で見るなら本家Celldwellerにも引けを取らないレベルにあると思います。さすがにトータルで見ると、その巧みなアレンジだけで電脳の街を一つ作り上げるかのようなCelldwellerには及ばないけど、全10曲というボリュームなのでさほど気にならず一気に聴ける。この一作だけで並居る同系統ジャンルのバンドから頭一つ抜きん出るくらいの存在感は示せたと思います。これを一人で制作してるというのも凄い。恐るべきニューカマー。