Celldweller / Wish Upon A Blackstar

Wish Upon a Blackstar

Wish Upon a Blackstar

 

  US出身のKlaytonによるエレクトロニックロック/インダストリアルロックプロジェクトの2ndアルバム。

 

 間違いなく名盤と言って差し支えない1stアルバム以降、企画盤やリミックス等の活動はありつつも、完全新作に関しては制作が大幅に遅れていた模様。そこで2009年に5つの章立てでの構想を発表。新曲2曲のパッケージを順番に配信し、やがて1つの作品が形になるという流れ。そんな大がかりな展開の末に、結果1stから約9年振りという期間を置いて最終的に完成した本作は、募りまくった期待を上回り、上がりまくったハードルを軽く飛び越える程の大傑作となりました。ボーカルを軸に作られたというだけあって、とにかく全体に一貫しているのは、この上なくメロディアスでキャッチーなボーカル。そしてそれを引き立たせ、一級のオーバーグラウンドミュージックとして十二分に生かすアレンジ。ダンス/トランス/ダブステップ/ドラムステップ/インダストリアルロックなどを縦横無尽かつ軽快に行き交い、1曲単位ではもちろん全体で盛り上げる流れも含め、とにかく「格好良く」聴かせることに真っ向から挑み、全力で心を砕いたかのよう。今思うと前作に残っていた前身のCircle Of Dust時代の無機質さやラウドさはほぼ無くなり、Celldwellerとしての本質や属人性、そして才能がスパークしまくっています。特に先行配信された楽曲や、過去にβ版で発表済みの「Birthright」の本テイク等は流石に抜群にクオリティが高く、エレクトロからヘヴィミュージックまであらゆる愛好家に全力でお勧めできると思います。まさにエレクトロニックロックのネクストレベル!