Bile / Sex Reflex

Sex Reflex

Sex Reflex

 

 US出身のインダストリアルメタルバンドの3rdアルバム(2000年)。

 

 それまでのレコード会社と袂を分かち、自身のレーベルBile Style Recordsを設立してリリースされた作品。初期はMinistryにも引けを取らないような無機質かつ激しいサウンドだったけど、本作では曲によってメロディらしいメロディに乗せて歌われたり、ラップめいたボーカルが飛び出したり、四つ打ちダンスビートでノリノリだったりと、随分とポップな感触になってビックリ。もはやMinistryというより(最初期の)Marilyn Mansonを思い出すB級ホラー感。だけどギターやボーカルを中心に全体を電気加工しまくったように歪んだエフェクティブな音像や、彼らの代表曲にもなったらしい「In League」のサビにおけるキックの連打など、急激な緩急やうるささ・激しさを逆手にとったような手法は相変わらずで、総じてそういった「過剰さ」を押し通すスタイルはずっと根底にあり続けていることが伺えます。ただもうこうなってくると、場繋ぎ的なノイズインストや、ラスト付近の定番となりつつある長尺ノイズアンビエントなんかを省いて、いっそ簡潔にまとめた方がより聴きやすかったかもという気はします。