Skinny Puppy / Last Rights

Last Rights

Last Rights

 

 カナダ出身のインダストリアル/EBMユニットの7thアルバム(1992年)。

 

 彼らが標榜していた音楽性の一つの到達点である4th「VIVIsect VI」や6th「Too Dark Park」とはまた異なる方向で、彼らの美学が究められた作品。一聴して耳に入るのはシンセオルガンやシンセストリングスの多重演奏で、それが荘厳な奥行きや叙情性を獲得するだけでなく、表裏一体で不協和音やノイズとしても牙を剥く。その反動が効果的に作用する不気味な音像や、これまでに築いたインダストリアルの実験/攻撃性、地鳴りのようなダークアンビエント音響などが濁流となって聴く者を圧倒します。その切迫感たるや、まるで静かに世界が闇に飲まれていくような、または得体の知れない力で世界が崩壊していくような、まぁどっちにしても滅ぶんですけど(笑)、さしずめ地獄の交響曲。全体的にローテンポなのも逆に凄みが効いています。後半のバラバラに刻まれたような実験曲の存在感も含め、インダストリアル/EBMの枠だけでは語れない領域までぶっ飛んでしまっている印象すらあります。多くのEBMアーティストがピークアウトしていった当時の時代の流れにおいて、これほどの作品を生み出して更なる高みに上ったのは流石としか言いようがありません。