読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I've / regret

I 邦楽
regret regret
()
No Operating System

商品詳細を見る

北海道に拠点を置き、アニソン/ゲームソングを中心に制作するクリエイターチーム・I'veによるGIRLS COMPILATION(美少女ゲーム等に使用された楽曲を収録した編集盤)シリーズの記念すべき第一弾となったアルバム。

 

2000年代を駆け抜け、今やシーンのトップブランドとなったI'veだけど、当時は今ほどの知名度もなく、謎の音楽制作集団として水面下で噂になっていました。その頃(1999年)の作品ともあって、現在のイメージとは重ならない部分も多いです。KOTOKO川田まみといった代表的な歌手の参加前であり、現在は卒業した歌い手やゲスト参加のボーカリストが中心になって構成されていることがまず大きな要因だし、明るく屈託のない可憐な楽曲が多くを占めるのでややグラデーションに欠ける。曖昧な言い方だけど、90年代臭も若干強い。でも後にリアレンジされ再び日の目を見る曲も多いことから、原石のような輝きはしっかり確認できると言えます。そんな中でもI'veの存在をコアユーザーに浸透させるきっかけとなった「Kanon」のOPテーマ#2「Last regrets」は、(作曲はKey名義だけど)場の空気を一変させるほどの存在感を放つ名曲に仕上がっており、高瀬一矢の巧みな手腕が伺えます。あまりにも鉄板の出来で逆にアルバムから浮いてる気も(笑)。またラストにはフロア向けのトランス・リミックスとなって収録されており二度美味しい。それから、全ての始まりの曲である#1「FUCK ME」はファンなら聴き逃せない!なんだかんだで、I'veの"原点"が確実に刻まれているアルバムです。

 

管理人は当時から(GIRLS COMPILATIONシリーズの中で唯一元ネタを知っている)「Kanon」のテーマ曲である「Last regrets」「風の辿り着く場所」が大好きで毎日のように繰り返し聴いていましたが、I'veの存在は認識していませんでした。それがこうやってインダストリアル/エレクトロニック音楽を追うようになってその過程でI'veに再び出会い、(過去に書いた記事「美少女ゲームと音楽の思い出」を参照)当時のアルバムの紹介を今こうやって書いているところに不思議な縁を感じています。僕にとっても、この「regret」は、音楽人生において忘れられないものになっています。

 

広告を非表示にする