Marilyn Manson / Holy Wood (In The Shadow Of The Valley Of Death)

Holy Wood in the Shadow of the Valley of Death

Holy Wood in the Shadow of the Valley of Death

 

 US出身のMarilyn Manson率いるインダストリアルロックバンドの4thアルバム。

 

実は2ndの「Antichrist Superstar」からここまでは三部作で、そしてこれがその序章にあたるという種明かしと共に届けられた本作は、その内容もまた更に4つの章からなるコンセプトアルバムだとかで、何かと設定づいてます。音楽の方は「Antichrist~」に迫る激しさを一部取り戻し、特に前半の流れはテンション抜群。そして前作で魅せたような歌い上げるタイプの曲もそれなりに充実していて、#9「The Nobodies」(終盤のアコースティックバージョン含む)を筆頭にバッチリ聴かせてくれます。ただ全体を通してみると、収録曲数の膨大さや中盤以降のミドルテンポ曲が続く流れが災いして、どうしても集中力が途切れてしまう。サウンド面でも耳を引くフレーズや異形めいたアレンジに欠け無難な仕上がりで、目新しさの無さが早くもマンネリ感を漂わす。クオリティは低くないんだけど、広げた大風呂敷や傑作「Antichrist~」を彷彿とさせるジャケからつい期待してしまうだけに、なんとも惜しいアルバムという印象が勝ってしまいます。