川田まみ / SEED

 I've専属ボーカリストによる1stアルバム。

 

 KOTOKOに続きI've専属歌手から2人目のメジャーデビューを果たし、順調にシングルリリースを重ねた末の記念すべき初アルバム。その楽曲の多くは、歌手としてだけでなく作詞家としての顔も持つ自身による作詞、I've作家陣でも川田まみを強く受け持った中沢伴行による作編曲/メインプロデュースという、彼女の音楽活動において最後まで貫いたフォーマットが既に確立。自身のターニングポイントと語る名曲「IMMORAL」をほぼ中心に配置し、アニメに提供したタイアップ曲を始め完成度の高い曲が並びます。が、どうしてもやや地味目なミドルバラードの存在が勢いを削ぐ面もあり、そこがトータルで見ると少し残念。ここらは初期のKOTOKOを思い起こさせるんですが、元々彼女の歌声を「昔はKOTOKOに似ていた」と評していた作家陣による意図なのか、川田まみという個性がまだ芽吹き切ってないが故の無難な落としどころなのか。後にアニソン歌手として大成する彼女のパブリックイメージのある今から振り返ると、やや大人しいというか、まさにタイトル通りまだ成長途中というか、そういう風に映るアルバム。

 


アニソン スターシップ・オペレーターズ OP

 

広告を非表示にする