SUGIZO / C:LEAR

C:LEAR

C:LEAR

 

 LUNA SEAのギタリストによる2ndアルバム。

 

 LUNA SEAの終幕後、2002年より活動を開始したSUGIZO & THE SPANK YOUR JUICE(目的によりメンバーが流動的に変化するグループ)名義での集大成的な作品といったところ(でも個人的に好きだった「SUPER LOVE」は未収録)。1stソロアルバム「TRUTH?」に通ずる世界観はあるものの、ああまで実験性に重きを置いておらず、素直にSUGIZO自身がボーカルを執る歌モノが大半。しかし「NO MORE MACHINE GUNS PLAY THE GUITAR」や「傀儡」といったヘヴィロック/ミクスチャーロック、アンビエント/ポストロック的な空間的アレンジの美しさが映える楽曲、フュージョンとロックを行き来する「PERFUME」、バラードなどレンジは広く、そんな楽曲群を彩るラウド/ノイズ/アコースティックなど豊かな表情を見せる独特のギターワークも相変わらず素晴らしい。SUGIZOのボーカルも、反戦や生きることを鼓舞するような悲痛なメッセージを乗せ、後のアルバム「ONENESS M」(2017年)にて清春が歌った「VOICE」を筆頭に洗練されたメロディを聴かせます。それこそ一部の楽曲からはLUNA SEAの楽曲に近い感触すらも得られるし、そういう意味でも、彼の音楽的素養の広さと、より自然体のスタンスが融合した親しみやすさも併せ持つ作品と言えます。しかしこうなって来ると、SUGIZOの声質/歌唱力をどう見るかという点が本作の評価において大きな分かれ目にも。個人的には音楽性にも合ってると思うし結構好きなんだけど、合わない人はとことんダメかも。

  

IKU / ユアウエア

ユアウエア (初回限定盤)

ユアウエア (初回限定盤)

 

  女性シンガーソングライターの1stアルバム。

 

 I'veの高瀬一矢から楽曲提供/プロデュースを受け、ジェネオンからデビューしているものの、この時点では特にI've所属というわけではなかった彼女(2014年よりI'veに正式に参加)。本作のプロデュースも高瀬一矢だけど、いわゆるI'veのようなサウンドでは全くないし、シングル曲には結構大きいアニメタイアップもついているけど、快楽的なアニソンにつきものの派手さや尖り方の一切ない、あくまでもシンセやピアノやストリングスを中心にしたシンプルなポップス。彼女を見出した島みやえい子をして「声質に頼らない歌の上手さを持っている」と言わしめるだけあって、これといった下積み経歴のない新人とは思えない歌声の安定感も上々。非常に良くできたプロダクトだと思います。個人的にも結構好き。しかし、それは裏返したら刺激が少ないということでもあって、作詞作曲には自身以外にも10名を超える作家が参加している割には、ちょっと優しく穏やかな方向に統一され過ぎてないかなと。彼女は後にライブでMELLを真正面からカバーするような実力や一面も持つわけで、そういう曲をやって欲しかったとは言わないけど、どうせならもう少し遊んでも良かったんじゃないかとも思う訳です。ちなみに本作にはfripSide八木沼悟志も、ユニットでセルフカバーした「悲しい星座」を提供しています。大人びた歌唱のハマり方は、fripSide版とは違った魅力。

  

KMFDM / UAIOE

Uaioe

Uaioe

 

 ドイツ出身のインダストリアルバンドの3rdアルバム(1989年)。

 

 彼らの「アルバムタイトル5文字縛り」がここから始まったという記念すべき(?)作品。開幕から野太いラップボーカルが流れてきてまず驚かされるけど、どうやら全9曲中5曲に渡って外部のレゲエボーカリストがフィーチャーされているようで、サウンドもそこに合わせるようにヒップホップやレゲエやファンクを匂わせる黒い要素が散見され、それを前作に続き参加したOn-U Sound Recordsの代表Adrian Sherwoodがミックスを手掛けた一部の楽曲を中心に、ダブ/インダストリアルでまとめ上げられています。当時としてはこれも実験や模索の一つだったのかも知れないけど、結果としてイマイチ焦点の定まり切らなかった音楽性に一本筋が通った印象があるし、後の彼らに繋がるファンキーなインダストリアルダンスという土台も確立された感も。中でもEinstürzende NeubautenのFM Einheit(とAdrian Sherwood)が関わったシングル曲「More & Faster 243」は、後のKMFDMの代表的な曲と比較してもそれほど遜色ないくらい。本作を初期の傑作と評する声もあるけど、それも頷ける出来。 所謂インダストリアルメタル的なものではないにしろギターも鳴ってるし、古い作品ながら比較的聴きやすさもあると思います。 

 

BUCK-TICK / memento mori

memento mori(初回生産限定盤)(DVD付)

memento mori(初回生産限定盤)(DVD付)

 

  5人組ロックバンドの16thアルバム。

 

 彼らの場合、1作ごとの振り幅が大きかったり、次回作で音楽的に逆方向に振るなんてこともあったけど、本作においては前作から順当に歩を進めたという感じ。今井寿も「ここまでの集大成」という発言をしたらしく、この時期の彼らなりのロックやバンドサウンドの粋を集めた一作と言えそう。オープニングの「真っ赤な夜-bloody-」からイグニッション全開で、そこからもギアをチェンジしながら荒っぽい曲、リリカルなバラード、ポップな曲、GS歌謡風の曲と様々な様相を展開していくけど、やはり何はなくとも中心に位置するタイトル曲「memento mori」の素晴らしさ。琉球民謡を取り入れたという独特の音階やビートに乗せて、その意味である「死を想え」を逆説的にとらえ愛や生を賛美する、強力にポジティブなエネルギーに満ち溢れた佳曲。確かにちょっと変わってるというか、初めて聴いたときは驚いたけど(笑)。必聴です。とまぁ、これを筆頭に1曲1曲の濃さはなかなかのもの(その上で曲数も多めでちょっと胸焼け)。しかしそれもまた彼らのキャリアと間口の広さがなせる業であり、まだまだ貪欲に自分たちのロックを更新していくぞ、というようなパワフルな姿勢を感じさせてくれるのが頼もしい。個人的には「天使は誰だ」も外せない一曲。あの飄々としたカッティングが癖になる。愛 愛 LOVE LOVE!
 

島みやえい子 / Perfect World

Perfect World

Perfect World

 

  I've専属(当時)ボーカリスト/シンガーソングライターのミニアルバム。

 

 ミニアルバムとしては2005年「Endless Loop」以来の3作目。ただ、2ndフルアルバム以降の3枚のシングルから映画「ひぐらしのなく頃に」等のタイアップ「ではない」B面曲の方を選別して収録しているあたり、あえてノンタイアップ曲だけで作品を制作するという意図があったのかも。それだけに統一感──というか全体の整合性は格別。I'veのリミックス盤での縁が発端であろうEric Mouquet(Deep Forest)が参加したタイトル曲を筆頭にしたダウンテンポ~チルアウト系のアンビエントポップ/エレクトロニカは、どれも優しさと芯の強さを兼ね備えており、いかにもI'veといった手数の多い打ち込みだったり、ポップスとしてより耳当たりを良くするキャッチーなシンセ等に頼らない引き算で構築されたようなサウンドが印象的。しかし独特のスケールや角度からストーリーテリングやメッセージを放つソングライティングと、持ち前の流麗なボーカル/コーラスワークによって、最後まで耳を離せないものに仕上がっています。この辺の説得力というか安定感は、さすが百戦錬磨の選手。例えば彼女を「ひぐらし~」の人、程度にしか認識してない人にはやや地味に映るだろうけど、きっとそれも織り込み済み。本作の発売直後に甲状腺癌が発覚し、音楽活動を一旦休止してしまうのだけど(翌年完治)、彼女の核となる音楽性を思うさまに封じ込めた本作を作り上げることが出来てよかったと思います。

 

Front Line Assembly / [FLA]vour Of The Weak

Flavour of the Weak

Flavour of the Weak

 

 カナダ出身のインダストリアル/EBMユニットの9thアルバム。

 

 長らく在籍した主要メンバーRhys Fulberが、他のバンドの制作(昵懇のFear Factoryなど)に専念するためにグループを(一時)脱退。代わりに過去に本ユニット在籍歴もあり、近年はサポートに専念していたChris Petersonが正式に(再)加入。そして本作の制作にあたりイニシアチブをとったというだけあって、内容がかなり様変わり。ブレイクビーツを全面的に取り入れたスマートなビートや、映画やテクノ/ビッグビート界隈からのサンプリングを駆使したテクノオリエンテッドなアルバムとなっています。ついでに言うと、1曲1曲も長いし、ボーカル無しの曲も幾つかあったり。肉体に訴えかけるようなボディビートだったり、ここ数作にはつきものだったギターがなくなったのも含め大きな変化を伴った一作だけど、彼ら特有のサイバーな音使いやヒンヤリとした温度の低さみたいなものが浮き彫りになった節もあり、これはこれで悪くない。当時セールスに影響をもたらすほどに賛否が起こったようだけど、彼らの最初期の頃の音楽性が好きな人にはより受けそうな気もします。リード曲「Corruption」も格好良いけど、ハードなインダストリアルテクノを展開するシークレットトラック「Bill In A Box」も忘れずチェック!

 

hide / Ja, Zoo

Ja,Zoo(ヤズー)

Ja,Zoo(ヤズー)

 

 X JAPANのギタリストによる3rdアルバム。

 

 X JAPAN解散後、hide with Spread Beaver名義でソロ活動を再開したhideのソロ3作目であり、彼の急逝後に、彼の右腕的存在だったI.N.A.やSpread Beaverのメンバーを中心とした関係者が、残されたデモ音源などを元に完成させたもの。「ROCKET DIVE」に端を発した、共通のテーマを内包したシングル3部作は言うまでもなく名曲だし、zilch「INSIDE THE PERVERT MOUND」のセルフカバー「LEATHER FACE」、「DOUBT」の別バージョン「DOUBT '97」も新たな一面で楽しませてくれ、新曲も彼の新たな可能性を示していました(特に「BREEDING」はシンプルな曲構成・それを最高の形で発揮する熱演・hideらしい歌詞が一体となった凄い曲だと思う)。過去作ほどの各ジャンルごった煮クロスオーバー感はないけど、バンドサウンドの基本に立ち返ったような解放感に溢れ、だけどその奥に入り組んだように多彩な仕掛けが詰め込まれたサウンドは、彼が掲げた「PSYBORG ROCK」というキャッチフレーズを体現するに相応しいものだったのかも。最終的には過去作と同じ全16曲を予定していたのかなと思っていたけど、2014年に発表された未発表の新曲「子 ギャル」を含めた構想によるとそうではなかったよう。いずれにせよ完成形を聴いてみたかったなという気持ちを抱えながら、今も楽しませてもらっています。