Bile / Sex Reflex

Sex Reflex

Sex Reflex

 

 US出身のインダストリアルメタルバンドの3rdアルバム(2000年)。

 

 それまでのレコード会社と袂を分かち、自身のレーベルBile Style Recordsを設立してリリースされた作品。初期はMinistryにも引けを取らないような無機質かつ激しいサウンドだったけど、本作では曲によってメロディらしいメロディに乗せて歌われたり、ラップめいたボーカルが飛び出したり、四つ打ちダンスビートでノリノリだったりと、随分とポップな感触になってビックリ。もはやMinistryというより(最初期の)Marilyn Mansonを思い出すB級ホラー感。だけどギターやボーカルを中心に全体を電気加工しまくったように歪んだエフェクティブな音像や、彼らの代表曲にもなったらしい「In League」のサビにおけるキックの連打など、急激な緩急やうるささ・激しさを逆手にとったような手法は相変わらずで、総じてそういった「過剰さ」を押し通すスタイルはずっと根底にあり続けていることが伺えます。ただもうこうなってくると、場繋ぎ的なノイズインストや、ラスト付近の定番となりつつある長尺ノイズアンビエントなんかを省いて、いっそ簡潔にまとめた方がより聴きやすかったかもという気はします。 

 

広告を非表示にする

トモコDEATH / anDEATH

anDEATH

anDEATH

 

 2人組デジタルハードコアユニットの2ndアルバム。

 

 民族音楽とデジタルハードコアを組み合わせた音楽が特徴的な彼ら。2作目となる本作ではタイトル通りアンデス音楽(フォルクローレ)を取り入れてきました。CDを再生したら聴こえてくるトラッドな笛の音色と猛々しい合唱は、いかにも異国のお祭りか儀式の場に迷い込んだかのよう。そしてそこに自然に融合しながらやがて主張を高めていくリズムトラックやノイズ、相変わらず強烈なトモコのデスボーカル/シャウト。特異としか言いようがない世界が広がっていきます。前作はスペイン音楽が下地で全体的に攻撃的だった(あと味づけが薄めだった)分単調さを感じもしたけど、本作は牧歌的というか郷愁的な民族音楽の体系や空気感がしっかり頭から終わりまで続き、ブレイクコアやジャングルの攻撃的なアプローチからシンプルでリズミックなアンビエント/ノイズまで曲調も幅があり、トモコも激しいシャウトから舌っ足らずのあどけない少女のような歌い方を自由に使い分け、全体の起伏のある流れと聴き応えは確かで、翻って(いい意味で)ヘンな音楽としても魅力的だと思います。インダストリアル好きにもお勧めできそう。 

 

広告を非表示にする

島みやえい子 / ひかりなでしこ

ひかりなでしこ(初回限定盤)【DVD付】

ひかりなでしこ(初回限定盤)【DVD付】

 

 I've専属(当時)ボーカリスト/シンガーソングライターの2ndアルバム。

 

 これまで同様に総合的なプロデュースはI'veだけど、曲ごとの編曲にはI've外の作家の参加が作品ごとに増加傾向にあり、作品の内容もそれを示すように少しずつ様変わりしています。鮮やかなシンセのメロディやダンスビートが牽引するような、いかにもI'veな楽曲の存在感は後退気味で、その分彼女の歌の力や凝りに凝った多重コーラスに重きを置き、タイプは違えどその良さを引き出すことや引き立たせることに徹したようなシンプルな作り、穏やかな曲調が印象的。そもそもが自身のアニメタイアップ曲を「武装した自分」と称し、本作のような作風を「本来の自分」と客観視するくらいの視野を持ち、その上でどういった形であろうと己の世界を保ったまま歌いこなしてしまう実力のある人なので、変化というよりは深化が表れているという表現が適切だし、1st同様に間違いない完成度でもあります。神々しさ溢れるタイトル曲「ひかりなでしこ」なんかはそれこそメジャーデビュー前から存在した世界観の極致みたいな凄みのある曲だし、アニメ「ひぐらしのなく頃に解」のテーマ曲「奈落の花」における神秘性/攻撃性も圧巻。まぁ後者のような曲がたくさん入ってるのを期待するアルバムではないのは確かだけども。

 


ひぐらしのなく頃に解OP 奈落の花

Flesh Field / Strain

Strain

Strain

 

 US出身のエレクトロインダストリアル/アグロテックユニットの3rdアルバム。

 

 本作から女性ボーカリストがWendy Yankoに交代。同時に音楽性にも変化が見られ、かなり大胆にメタルギターを導入。ノイズ然と歪められたエレキギターは実に強力だし、強靭に響くリズムトラックはより多彩に打ち鳴らされ、それまでのダンサブルなゴシック/ダークエレクトロから音像としても曲調としても一層ヘヴィさを増しました。その迫力はインダストリアルメタルの領域に足を踏み入れています。その上で彼ららしいオーケストレーションクワイアの荘厳な表現、スピード感を加速させる多様なプログラミングなどの要素も複雑に入り組んでいながらも、無駄に散らばらず(そして不思議とそれほど派手に聴こえず)にしっかりと融合させている辺り、彼らの高い実力が伺えます。今作では特にアグレッシブに歌うパートでは女性/男性ボーカルの比重や声色がさほど対比的に使われておらず、あちこちで言われていたけどKMFDMのLucia Cifarelliにかなり似てるので、KMFDMリスナーは特に入りやすそう。個人的な嗜好で言えば、あまりゴシックに寄ると好みから外れるんだけど、この作品にはかなり惹き込まれました。

 

広告を非表示にする

BUCK-TICK / 天使のリボルバー

天使のリボルバー(初回生産限定盤)(DVD付)

天使のリボルバー(初回生産限定盤)(DVD付)

 

  5人組ロックバンドの15thアルバム。

 

 メジャーデビュー20周年の節目に制作された記念すべきアルバム。前作にあたる「十三階は月光」の大仰なゴシックの世界から一転、かなりシンプルかつストレートなロックンロールにシフトチェンジ。元々アルバムごとに作風を大きく変えるバンドでもあるし、一つの方向性で濃い作品を作ると、その反動を次回作で形にすることもあったけど、この変化(回帰?)もまた驚かされるものがありました。デジタル/エレクトロニックな要素をオミットしたバンドサウンドという構造だけは共通ではあるけど、閉じた世界観でディープに作り込まれた前作と比較すると、驚くほど開かれたムードで耳馴染みが良く、聴く人を選ばない一枚とも言えそう。コアなファンにとってはそこがちょっと薄味で物足りないと映る向きもあるかも知れないけど、これだけ年輪を重ねてきたバンドが、ここに来てまだこれほどに瑞々しく、同時に安定感と説得力もあるグルーヴを聴かせてくれるというだけでも嬉しくなります。新しい王道を感じさせる「RANDEZVOUS ~ランデブー~」は名曲だし、個人的には星野英彦作曲「Snow White」も大好き。ホワイトアウトを連想させる緊張感のあるサウンドに「真白な世界/眠れる君の夢か 幻/たった一筋/モノクロームの頬に紅差す」と強烈に情景を喚起させる詞がマッチした渾身のバラード。

 


[480p] BUCK-TICK - RENDEZVOUS ~ランデヴー~ PV

Ice / Bad Blood

Bad Blood

Bad Blood

 

 UK出身、Godflesh/Jesuで活躍するJustin K. Broadrickの関連グループであるインダストリアルヒップホップバンドの2ndアルバム。 

 

 詳しくは知らないけど、Justin K. Broadrickが90年代にKevin Martinとタッグを組んで展開したサイドプロジェクトの1つかと思います(他にはGodやTechno Animalなど)。流動的なバンド編成、特に多くのゲストボーカル(Einstürzende NeubautenのBlixa Bargeldも全面的に参加)を擁した本作は、ダブやヒップホップをベースにした沈鬱かつ重圧的なトラックと、生気の無いボーカル、ごくごく少量のシンセノイズ的なエフェクト/残響がごちゃっとラフに一体化したエクスペリメンタル/インダストリアル。例えばJustin K. Broadrick自身のGodfleshや、彼にゆかりのあるScornに似てなくもないけど、それほどキッチリした型は定まっておらず、恐らくはラップミュージックとしての手法諸々も実験性の一つとして用い、その上でノイズ/インダストリアルのコアな部分と結びつけられており、当然キャッチーさは微塵もなく、それどころか相当にマニアック。だけど恐らくはこのときの成果が後の彼の活動(特にThe Blood Of Heroes)にも繋がっていったのだと思います。本作より更に入手困難な1stも聴いてみたい…

 

広告を非表示にする

harshrealm / [arrhythmia/blood of another]

[arrhythmia/blood of another]

[arrhythmia/blood of another]

 

 福岡を拠点に活動する2人組エレクトロニック/インダストリアルロックバンドのリミックスアルバム。

 

 1stアルバム「[she/underwater]」からの2作目となるリミックス集で、本作もUK、US、イスラエル、フランス、ブラジルなど世界各国のリミキサー/クリエイターが参加。全体的にトランス/テクノ、フューチャーポップ、アンビエントダブステップなどのクラブ系リミックスが多い印象があり、原曲の断片を元に別物のダンスミュージックとして再構築しているような聴き心地。狙いがあったかは分からないけど、1作目と比べたらかなり大胆に原曲のイメージとかけ離れたアレンジが多く、リミックスアルバムかくあるべしといった感じ。意欲的な楽曲もあるけど、一本調子な楽曲も多く、やはりここまで無菌状態で小奇麗にまとめられると、彼らが本来持つ色気みたいなものが漂白されてしまい、どうにも退屈。実際、良いなと思う曲は何かしらの特徴や分かりやすいポイントがあったりするし(ラウンジミックスやセルフリミックス等)。収録曲の多さもそこに拍車をかける形になっているかな。ラストに収められたRazed In Blackのリミックスもやけに地味。1作目くらいのバランスでまとめて欲しかったかも。