Pain / Dancing With The Dead

Dancing With the Dead

Dancing With the Dead

 

 スウェーデン出身のメロディックデスメタルバンド ・Hypocrisyのボーカリスト/ギタリスト・Peter Tägtgrenによるインダストリアルメタル/シンフォニックメタルプロジェクトの4thアルバム。

 

 1曲目「Don't Count Me Out」のズンズンと刻まれるギターという始まりからして、過去作の音像とは一味違うような印象を抱かせる幕開け。より重心を低くしてヘヴィな質感を強化し、時にうるさいくらい耳に刺々しく響く轟音メタルサウンドがベースにあるというだけでも、かなりサウンド面でのインパクトは増しましたね。このプロジェクト自体、Peter Tägtgrenが一人で全てのバックトラックを制作しているのだけど、よりバンドサウンドが頼もしく強固になったというか。その他でも、デジタル/エレクトロニックな装飾は要所要所で目立ちすぎない程度に、かつ絶妙に楽曲を補強し、一方で前作から全面的に表に出始めたシンフォニックなストリングスも、曲によってはバンドサウンドを包み込むかのように遠慮なく存在感を示す。PainをPainたらしめる1つ1つの要素に対し磨きをかけた結果、楽曲に更なる広がりや深みが生まれ、独自のメロディセンスも相まって、より進化を遂げたような格好になっています。ヒットシングルの「Same Old Song」や、ピアノも取り入れた叙情的なアップチューン「Not Afraid To Die」などの佳曲には、それが顕著に表れています。彼自身、高い評価を受け広い分野で活躍するミュージシャンであり、Painという単位でも特に2作目以降はここまでどれも優れた作品(特に2ndはキャッチーさで言えば本作以上)なのだけど、本作では総合的にそれらを超え、1つのピークを迎えたと言っていいでしょう。 インダストリアル/シンフォニックメタルの名盤!