Hilt / Call The Ambulance (Before I Hurt Myself)

Call the Ambulance

Call the Ambulance

 

 Skinny PuppyのcEvin Key、Dave Ogilvie、D. R. Goettelらが参加しているインダストリアル/EBMユニットの1stアルバム。

 

 サウンド面でもSkinny Puppyとどことなく共通点があり、「Hilter」はいかにも初期Skinny Puppyのいい意味でチープなニューウェイブ/EBMなんだけど、後半でいきなり5thアルバム「Rabies」の曲を彷彿とさせるドラムのハイスパートが挿入。しかしボーカルの温度は低いままなのが面白い。Skinny Puppyほどグロテスクやケミカルではないにしろ、やはりある程度近いタイプではあります。いんなーとりっぷブログさんで「「Rabies」の続きをやっているよう」と表現されていたのは言い得て妙。大部分の曲は、Skinny Puppyの6thアルバム「Too Dark Park」にも一部参加しているというGreen Guyのギターがなかなかフィーチャーされているし、そこにスピード感を加えたインダストリアルメタルな曲も幾つか見られるけど、シンプルにリズムとサンプリングを主体にするオールドスクールEBMな曲も存在感を示していて一辺倒にはならないし、全体を通して初期インダストリアルに通じるアングラなムードが一貫しているので、方向性が多少異なる曲が並ぼうとうまくまとまって聴こえます。やや地味だけどインダストリアル好きのツボをついたアルバムじゃないでしょうか。