Fear Factory / Concrete

Concrete

Concrete

 

 US出身のインダストリアルメタルバンドの編集盤。

 

 2002年の(一時的な)解散後にリリースされた、初期の未発表音源を集めた編集盤。彼らがデビューする前の1991年に、後に更に有名になるへヴィロック界の名プロデューサー・Ross Robinson指揮のもとレコーディングされていながらも、諸事情で発表されなかった楽曲がまとめられ、レーベルの契約消化のために発売したとされています。当然というか、後に彼らの代名詞となるデジタルな仕掛けを伴う極太へヴィサウンドの面影は無く、ボーカルは低く唸りまくり・重低音を激しく叩きつけまくりの血生臭く暴力性の高いサウンドで一気に駆け抜けていく、とってもグラインドコアなアルバムになっています。8曲ほどは後の1stアルバム「Soul Of A New Machine」に再録音されたのでそこは重複しているけど、こちらの方が篭った音質や荒々しいプレイによってより剥き出しの迫力を感じるので、後々聴くと1st以上にまるで違うバンドのようにすらも聴こてしまう。個人的にジャケットやタイトルからは条件反射的にインダストリアルな匂いを期待してしまうけど、当然のようにそれは皆無。それでも、この手の音楽(デスメタル/グラインドコア)を好んでいるわけではないにしても、それでも非常に格好いいと思わされるものがありました。余裕があればチェックして損はないでしょう。