KOTOKO / 硝子の靡風

硝子の靡風

硝子の靡風

 

 I've専属(当時)ボーカリスト/シンガーソングライターの2ndアルバム。

 

 タイトルは「がらすのかぜ」と読みます。前作同様に、自身が手がけた楽曲を中心にI'veの作家陣が一部の作曲/全面プロデュースという形でタッグを組んだ、シンガーソングライターとしての顔を強調する作品。全体的な方向性もそのまま踏襲され、基本はシリアス路線を突き進んでいるけど、ダークな曲とバラードの乖離が激しく、勢いがあえて抑えられたせいでやや大人しかった前作に比べると、楽曲のクオリティやアレンジの整合性に向上がみられ、完成度がより高まった印象を受けます。前作のI'veサウンドとロックの融合というテーマや、専属歌手の初のメジャーデビューといった課題を乗り越えた手応えが、アニメタイアップなどを獲得しながら人気と活動のフィールドを拡大させていった当時の "アーティスト・KOTOKO" の勢いと上手く繋がった成果が表れています。ソロ作としても、前作よりも開かれたムードを持つ本作の方が、むしろ彼女の名刺代わりと呼ぶに相応しい気も。彼女屈指の人気曲「Wing my way」や、いかにもI'veな硬質なトランス(のせいで逆にアルバムからやや浮いたけど)「Re-sublimity」がアルバムに華を与えています。これらは特に要チェック。