Assemblage 23 / Failure

Failure

Failure

 

US出身のTom Shearによるフューチャーポッププロジェクトの2ndアルバム。

 

 前作に比べると単純にダンスビートの曲が増えて、だいぶ一般的なフューチャーポップに近づいて来ています。シンセの音にも徐々に持ち味が出てきているし、ハットの連打具合も相変わらずチキチキと個性的。ただその隙間を埋めるように置かれているダウナーなEBM系の曲はいまひとつでせっかくの勢いを殺していて勿体無いし、ちょっと暗すぎて足並みも乱してる気が。そういう意味では曲にバラつきがあるし、そもそもフューチャーポップ系のアッパーな曲も雰囲気は良いけどまだ若干インパクト不足な感もあって、まだまだ決め手に欠けるという印象は否めず。というかあの後に開花するメロディセンスがまだまだつぼみ状態なんですよね。なんて書くとイマイチなアルバムのように思われるかも知れないけど、これから先化けそうな可能性をビシビシと感じさせる面もあります(というか化けるんだけど)。「Awake」なんかは後の作品の曲と比べても遜色ありません。