girugamesh / engrave

engrave

engrave

  • Wolves anchor DC
Amazon

 4人組ロックバンドの配信シングル(2022年)。

 

 2016年に解散したロックバンド・girugameshによる約6年ぶりの新曲。所属レーベルの40周年イベントに合わせ公開された予告映像を経て、その後正式に配信。MUCCのトリビュート盤(2017年)にシークレット参加したりもしたけど、人気を保ったまま惜しまれつつ解散しその後も長らく音沙汰がなかったため、ファンにとってはまさに青天の霹靂とも言える出来事でした。そしてその楽曲は、まさしく解散する前のあのgirugameshがそのまま蘇ったかのよう。予兆のような導入を経て、溜まりに溜まった力と怒りが迸るようなヘヴィサウンド&シャウトの幕開け。打ち込みやシンセを細部に組み込んで時折表情を変えながらも、ボーカリスト・左迅の真っ直ぐな歌で全体を引っ張るというある種の熱さ/泥臭さも健在。どこか末期の代表曲「鵺 -chimera-」を彷彿とさせる曲調だけど、パンデミックと彼らにとっての空白の6年の両方を想起させるような世界の在り様と、自らを省みそこから立ち上がろうとする意志を描いた歌詞が示す力強さは、混沌と悲しみにまみれた彼らのかつての最終曲「period」の印象を塗り替え吹き飛ばすようなポジティブさに溢れ、世相的な意味でも刺さるものがあり、多くのファンを勇気づけたことかと思います(「終わり」と「未来」というバンドの原点とも言える単語を歌詞にまたさりげなく忍ばせているところも嬉しい)。2022年末の所属レーベルのイベントライブへの参戦が話題を集めたのも記憶に新しいけど、あくまでも限定復活とのこと。しかしこの曲を胸に、またいつか彼らが表舞台に集まる日を待ち続けようと思います。

 

 

 元々大好きで聴いていた彼らをこのブログで扱い始めたのも、彼らがインダストリアル・メタルのWikipediaに名前が挙がっているのを発見したことがきっかけでした。

 出自はヴィジュアル系シーンではあるけど、バンドコンセプトに "男魂" を掲げるラウドロックをベースとした音楽性であり、早い段階でラップやシーケンシャルなビートを駆使するミクスチャーロック的な方向性を固め、2013年以降はエレクトロニックやダブステップの要素を強めたメタルコア/ヘヴィロックを展開。特にその辺りの作品は、ヴィジュアル系バンドというよりもラウドロック界隈のバンドとしてだったり、インダストリアルメタル寄りのロック/メタルとして聴ける部分もあるのではないかと。個人的にはより好みド真ん中どストライクになって歓喜したし、ブログで記事を書くのもめちゃくちゃ楽しかったです(笑)。

 彼らの主だったアルバム作品は過去に一通り紹介記事を書いているので、よろしければ合わせてご覧ください。

 

 

 これ以前の作品の紹介記事へのリンクはこちらから。