DIE IN CRIES / VISAGE

VISAGE

VISAGE

  • アーティスト:DIE IN CRIES
  • 発売日: 1992/03/11
  • メディア: CD
 

 4人組ヴィジュアル系ロックバンドの2ndアルバム。

 

 前作が実質的にボーカリスト・KYOのソロ作品だったのに対し、今作から(前作の時点で参加していた)OPTIC NERVEの2人(室姫深、YUKIHIRO)が正式に合流。ベーシストにはTHE ACEというバンドで実績があったTAKASHIを迎え、4人組バンドとして新たなスタートを切った作品。メジャー1作目でもあります。全員がこの時点で一定のキャリアがありまさにスタープレイヤーが集まったバンドと言えるのだけど、やはりと言うべきか、それぞれの前身バンドに捉われることなく、超えるべく、新たな世界観を模索しているような印象を受けます。というかそれも結果論なのかも知れないけど。と言うのも、正確無比で無感情なドラム、5弦フレットレスという特殊さをもって常時ウネりまくってるベース、ギターシンセを積極的に用いて彩りを添えていくギター、そして一音一音に気迫を込めるように熱く歌うボーカル──それらがひと塊のバンドに、というよりも、4人それぞれの個性が危ういバランスながらも奇跡的に共存して成立している、みたいな感じなんですね。それでいて楽曲も、ド直球に心を打つビートロックを基調としながらもニューウェイブ、耽美系バラード、人力インダストリアルなど盛り沢山で、曲にもサウンドにも見るべき部分や刺さるポイントが多く、当時としても恐らくは初期LUNA SEAばりに"ジャンル分け不可能"だったのではと思わせるほどに実験的。そしてその特色は、バンドが続くにつれて失われていったものでもあるようで、それがこの作品をより孤高たらしめているとも言えます。後追いで聴いた分隔世の感はあったけど、刹那的な名作としても、日本のインダストリアルロックの文脈の一つとしても、体験できて心底良かったと思えた一枚です。