The Devin Townsend Band / Synchestra

Synchestra (Bonus Dvd)

Synchestra (Bonus Dvd)

 

 カナダ出身のマルチミュージシャン/プロデューサー・Devin TownsendによるThe Devin Townsend名義での2作目で、ソロアルバムとしては通算7作目。

 

 アンビエント系のアプローチを組み込んだプログレッシブメタルという彼の持ち味の集大成を見せたかのような前作を経て、また一つ違う方向へ舵をとった作品。穏やかなギターの弾き語りから始まり少しずつスケールを増していくリードトラックや、牧歌的なギターフレーズを切り裂くように轟音連打に繋がる次曲など、アコースティックなサウンドを際立たせるアプローチが目立つし、特にアルバムの前半部分においてはフォークや民族音楽のカラーを感じさせる曲も多いです。中でも、文字通りのポルカの小品「Vampolka」から同じリフを使用した「Vampira」と続く流れなんかは特にユニークな仕掛けやフレーズに富んでいて面白い。しかしここぞという部分ではいかにも彼らしい王道の曲展開とメロディを聴かせてくれて、その辺りの兼ね合いの素晴らしさは鮮やかの一言。バックボーンの広さ、新たな試み、そしてそれらを上手く落とし込み新たな魅力を獲得しているのには驚かされます。後半のシリアスな大曲の流れはやはり少々重いけど、それでも高い完成度を誇る作品。ちなみにこの名義での活動は本作で終了のようだけど、この後もメンバーを一部入れ代えThe Devin Townsend Projectとして活動が続いて行きます。