Angelspit / Blood Death Ivory

Blood Death Ivory

Blood Death Ivory

 

 オーストラリア出身のサイバーパンク/インダストリアルロックユニットの2ndアルバム。

 

 1作目から強烈な存在感を示した彼らの勢いは留まることを知らず、今作でも前作を踏襲したその唯我独尊っぷりが健在。リズミックノイズやインダストリアルロックを上手く組み合わせてハーシュにコーティングしたようなビッチで暴力的なサウンドは前作同様で、そういう意味では期待通りだけどパッと聴きだと大きい違いは感じられないかも。でもよくよく聴いてみると、メタルギターの存在感は明らかに後退し、その分エレクトロ成分が強くなっているけど、それすらも歪みありきのような感触だった前作に比べると幅が出ているし、そのお陰でバックで飛び交うコンピュータノイズのような効果音やシンセノイズもよく通る感じ。なので、彼らの弱点である単調さも若干薄れている気がします。それと吐き捨て系のボーカルだけに頼らない場面も若干増えていて、そこに色気や毒気をより感じるようにもなったかな。しかし決して攻撃力やインパクトを犠牲にせず強度を保ち、自分たちの信念を貫いてるのは流石。相変わらずの変態っぷりに乾杯!