Decree / Wake Of Devastation

Wake of Devastation

Wake of Devastation

 

 Front Line Assemblyでも活躍した音楽プロデューサー・Chris Petersonを中心としたインダストリアルユニットの1stアルバム。 

 

 ビートの刻み方こそEBMのような躍動感も感じられなくもないものの、音色や音圧がとにかく桁違いにやかましい。扇動的に迫ってくるリズムトラックに、鉄板を叩いているような鋭利かつ金属的なメタルパーカッションが折り重なったり、工場の排気音を強力に歪めたようなハーシュノイズが放出されたりととにかくヘヴィでカオス。キャッチーなエレクトロ要素はほぼ感じられず、残響音/金属音/雑音などによって構成された世紀末感に溢れたサウンドは、SPKやEinstürzende Neubautenなどの初期のインダストリアル/ノイズ勢の表面的な攻撃性を抽出して倍加させたかのようだし、その救いのなさからもCold Meat Industryレーベルの系統にも近いものを感じます。コアなリスナー向けではあると思うけど、裏で計算されているのか単調にならず、一見でも聴き通せるのが素晴らしい。初めて聴いたときはかなり衝撃的でした。Front Line Assemblyのテクノ化を先導した人物の作品とはとても思えない…。強いて言うなら個性というか独自性が薄い気もするし、なんかやたら綺麗にまとまりすぎている感もなくもない。でも、インダストリアル系が好きなら試す価値のある一枚。以前は入手困難だったけど、現在は配信で聴けるようです。