BLAM HONEY / GRANDIOSE DELUSION

Grandiose Delusion

Grandiose Delusion

 

 2人組ヴィジュアル系インダストリアルユニットのミニアルバム。

 

 「インダストリアル・ジェンダー・ユニット」を自称する彼ら。現在はボーカリスト・Tatsuyaが逝去したことやその後の活動に安定が見られないようで、活動を休止(実質的に終了)しているようです。彼らが俗に言う一般的な(?)「ヴィジュアル系」というフィールドで活動していたかは定かではないですが(当時は名前を聞いたこともなかった)、その類としては非常に珍しく、完全にインダストリアルを前提としたアプローチ。それも、所謂アメリカ型インダストリアルロックやニューウェイブ歌謡などとも全く異なる、ゴシック色の強いダークエレクトロ。何となくTOKYO DARK CASTLE界隈っぽいのかな?とも思うけど(これも詳しくは知らない)。強烈な打ち込みやノイズギターを駆使したノイジーだったりホラーっぽかったりするサウンドは、商業的に売る気があったとは思えないマニアックさ。DOOMの藤田高志がプロデュースしているらしく、ギターが目立つ部分も多いし、さすがに折り紙つきの出来なんですが、ボーカルがいかにもB級ヴィジュアル系といったような脆弱さが目立ち、というかぶっちゃけそれほど上手でないこともあり完全にサウンドに負けています。そのチグハグっぷりに違和感を感じてしまうのが残念ではあるけど、どこか気になるユニットでもありますね。