Chemlab / East Side Militia

East Side Militia

East Side Militia

 

 US出身のインダストリアルロック/EBMバンドの2ndアルバム。

 

 再生するとまず銃弾の音やら破壊音やら叫び声やらのサンプリングが流れ、その後に曲が始まるという何とも物騒なオープニング。ジャケットの世界?何かコンセプト付けがあるのかな?とも思うけど、その辺は知りません。内容は前作同様、平たく言えばチャラチャラしたポップなインダストリアルロックで、そのスタイルがアレンジや音圧の向上でより強化。曲のタイプも若干増えたお陰で、それなりの聴き応えも出てきました。相変わらず中身は軟派な感触だけど、そういう方向性を突き詰める道っていうのもあるわけで、フォロワーの域を出ないまま小さくまとまってしまうバンドよりは全然いいと思います。たぶん。終盤にはPIGやHaloblackによるリミックスを収録。これに関しても、そんなに唸るような出来ではないかな…というのはちょっと贅沢すぎるか。