SUGIZO / TRUTH?

TRUTH?

TRUTH?

 

 LUNA SEAのギタリスト・SUGIZOによる1stアルバム。

 

 1997年のバンド活動休止中にリリースした初のソロ作品。恐らくは自身のルーツを追いながら、同時に当時の海外のクラブシーンも意識したような音楽的な意識の高い作風。インスト曲を主軸にしながらも、女性ボーカルをフィーチャーした曲、クールなリーディングで進行する曲、本人がメインボーカルを担う歌モノ曲など内容は様々で、アンビエント/インプロ風ジャズ/ヒップホップ/ドラムンベース/ボサノバ/ジャングルなどの多彩なジャンルや方向性を提示。そこに繊細なアルペジオ、攻撃的なカッティング、ギターノイズ、伸びやかで解放的なロングトーンなどの変幻自在な、そして瞬間的にSUGIZOだと分かるオリジナリティのギターワークを用い、時に華麗に、また時に破壊的にと行き来することにより、聴き手のイマジネーションを更に掻き立ててくれます。Mick Karnや坂本龍一など彼と親交の深い面子とのコラボも含め、LUNA SEAを彷彿とさせるアプローチ、またバンドとは違う実験も含むアプローチの両方を詰め込みつつ、彼の美学によってまとめられた興味深い作品。陳腐な表現かもしれないけど、まさに「アート」を感じます。バンドで頂点を獲った20代ギタリストのソロ作品とは思えないほど。所謂ヴィジュアル系のイメージなどから敬遠するのは勿体ない、実にサウンド比重な一作。ただ、本人のナルシシスティックなボーカルはいずれにせよ好みが分かれるかも。個人的には大好きですが。