PIG / A Poke In The Eye… With A Sharp Stick

ア・ポーク・イン・ジ・アイ

ア・ポーク・イン・ジ・アイ

 

 UK出身のRaymond Wattsによるインダストリアルプロジェクトの1stアルバム(1988年)。

 

 80年代中期頃には既にPsychic TVやEinstürzende Neubautenのエンジニアを務め、KMFDMのメンバーとして活動し、Foetusとのコラボレーションも行うなど、多方面で活躍していたRaymond Watts。そんな彼が1988年に発足したソロプロジェクト・PIGの記念すべき1作目で、何かと日本びいきな彼のリリース作品群において、本作も例にもれず日本盤が後年にリリースされています(ただし廃盤により入手困難)。その内容は、師とも言える偉大なるFoetusをなぞるような、前衛的かつ多彩なアプローチ。ジャズ/ファンクの要素や映画音楽っぽさなんかを見せつつも、Foetusほどのデタラメな勢いやジャンクサウンドで進むというほどでもなく、あくまでスマートかつポップなニューウェイブ/アートロックでしっかりと魅せてくれます。低い声で囁いたり笑ったりするように歌うボーカルも同様に表情豊かで、ギターをフィーチャーした聴き易い曲もあれば、童謡のカバー(?)やコラージュを駆使した実験曲もあり、なかなか一筋縄ではいかない危うさも。後の彼の得意技となるオーケストラ要素は無いけど、それ以外の面ではもうこの時点でPIGの音楽的指向が確立されていると言っても過言ではなく、デビュー作とは思えない驚くべき完成度を誇ります。1988年作品でこれだと、かなり時代を先取りし、後のシーンへも影響を与えた存在だったのではないかと思わずにいられません。