柚子乃 / Hi-Black

f:id:xnoybis:20191118132012j:plain

 

  I've所属(当時)ボーカリストのミニアルバム(2013年)。

 

 コミックマーケット85にて限定販売されたCDで、同年にI'veボーカリストデビューを果たした柚子乃の初作品。I'veにおいて新人・単身のアルバムリリースは(確か)相当久しぶりになるので、当時の注目度も高かったと思います。初っ端のタイトル曲「Hi-Black」からして、四つ打ちを基調としながらも、いかにもI'veらしく激しく入り組んだリズムトラックと硬質なサウンドがいきなり格好良い。この曲の音だけとればポストMELLといった感じだけど、「私は何にも染まらない」と高らかに宣言する詞作や、癖のついた挑発的な歌い方がとても様になっていて、全く呑まれることなく見事に着こなしています。続くピアノ+ドラムステップで軽快にぶっ飛ばす「In the mirror」、打って変わって80's歌謡ロックを思わせるバンドモノ「Love me…」と、楽曲のタイプは少しずつ違えど全体的にはエレキギターが多用されロック色が強めという作風は一貫しており、不敵に歌う彼女のキャラクターとの相性も良く、MELLとも川田まみとも異なる方向性でひとつの像を結ぶに至っています。バンド活動の出身(というか兼任)もあってそういうのが好きなんだろうし、自信に満ちて伸び伸びと得意分野を発揮している感じが聴いていて気持ちいいですね。個人的にもかなり好みでキター!って感じだったし、彼女は将来的にI'veの次代の看板歌手になっていくんだろうという期待感も十分得られるものでした(過去形)。