MAKO / THIS IS HOW

f:id:xnoybis:20191012110147j:plain

 

 I've専属ボーカリストの2ndミニアルバム(2013年)。

 

 コミックマーケット85限定販売。同じくコミケ流通の前作から丸1年ぶりの音源で、全5曲という部分も前作を踏襲するものだけど、今回の新曲はすべて彼女の手によるもの。1曲だけ作詞作曲していた前作から明らかに手を広げており、シンガーソングライターとしての素養を固める作品となっています。ノンタイアップかつコミケ流通というマイペースな展開もあいまって、終始リラックスした空気で一貫しているのも特徴的。編曲はI've作家が均等に参加し、全体的にクラブ向けのアレンジを施し彼女の楽曲をサポート。ストリングス/ピアノを重用した透明感のあるシンセポップも安定の出来だけど、R&B風に仕上げた「Happy Ever After」や、彼女がI'veのみならず人生で初めてレコーディングしたという約13年前(!)の代表曲とも言える楽曲のリアレンジ「bite on the bullet -Acoustic ver.-」など、I'veのイメージをちょっとはみ出た感じの楽曲も、彼女の雰囲気のあるハスキーな声との相性を再確認させられて捨てがたい。I'veの中でも確かな実力と稀有なポジションを証明するかのような一枚だし、それだけに今後にも期待を寄せずにいられなかったのだけど、リリースは本作が最後となり、2015年のイベントを境に活動を休止。どうやら海外に移住されたようで、そこは仕方のないことか。結果短期間にはなったものの、10年ぶりにI'veで歌ってくれただけでも有り難いことでした。願わくば、また彼女の歌を聴ける日が来たらいいなと。