Vampire Rodents / Lullaby Land

Lullaby Land

Lullaby Land

 

 US出身の実験音楽/サウンドコラージュユニットの3rdアルバム(1993年)。

 

 彼らについては詳しいことを全く知りません。どこで存在を知ったのかも覚えていない…で、何故いきなり3作目なのかと言うと、これを1作目だと勘違いして入手したのと、当時他の作品が入手困難だったため(現在は配信されている模様)。ただ、BabylandやChemlabのボーカルのゲスト参加や、音楽的にもピークということもあって高評価作のようです。でも、初めて聴いたときは頭の上に「?」がひたすら浮かぶだけだったんですが、今聴き直してもやっぱり全容は掴みにくい。まず耳につくのは乾いたギターや重めの弦楽器の無軌道なフレーズが表立つアンサンブルだけど、何の前兆もなく急にスパッとテンポチェンジしたり転換したり。更にはラジオの周波数が微妙に合わないときみたいに全く別の民族音楽やジャジーなフレーズが薄ら聴こえる瞬間もあったり。何となしに聴いていると「ん?いま曲変わったのかな?」と勘違いすること必至。つまり曲構成そのものが継ぎ接ぎな構造なのかと思ったら、そもそもサウンドも即興や別演奏からのサンプリングも多いとかで、何から何までコラージュで出来ているっぽい。そして全21曲と曲数もやたら多く、もう何が何だか。そりゃ「?」も浮かぶわ。でも改めて聴くと、やっぱり他にはない音楽だと痛いほど感じます。彼らの場合ただのアプローチとかのレベルではなく、もう音楽を作る発想や動機からして「実験」であり、映画音楽の制作歴やクラシック/前衛音楽などのルーツを背景とした、彼らにしか作り得ないモノだという揺るぎない説得力があるんですね。一歩間違えばグチャグチャなのにそう感じさせない不思議さ。そして手法や表現の柱としてインダストリアルにも強く通じている。一口に言い表せない存在感があるのは間違いないです。覇気のないボーカルやホラーな雰囲気はどことなくSkinny Puppyにも似た混沌があるので、そこに馴染みがあると実は聴きやすいか。というか「生音Skinny Puppy」だなこれ(謎)。他の作品も気になるのでそのうち聴いてみます。