BUCK-TICK / 夢見る宇宙

夢見る宇宙

夢見る宇宙

 

 5人組ロックバンドの18thアルバム。

 

 メジャーデビュー25周年イヤーに発足された自主レーベル・Lingua Soundaより発売された最初のアルバム。曲数の多い傾向にあった近々のアルバムに比べると全11曲とコンパクトな上に、先行シングル2枚からAB面の4曲を(別アレンジで)収録ということもあり一見ボリュームは控えめに映るけど、作品が醸し出すスケールは決して見劣りすることなく、期待を裏切らない一作に仕上がっています。中盤辺りまでは直球ポップな曲、ロックンロールに振り切った曲、ライブで活躍しそうなクラップ全開の曲など比較的明るく突っ走っており、同時に作品のイメージも牽引。ファンには古くから馴染みのあるフレーズを楽曲名に冠した「CLIMAX TOGETHER」、アルバム収録に際して賑やかなブラスロックに変貌した「ONLY YOU -WE ARE NOT ALONE-」等は特に印象も強烈。また、猛禽(raptor)の生態と(同名の)戦闘機の存在意義をダブルミーニング的に紐づけた「INTER RAPTOR」は、そのサウンドのみならず発せられるメッセージも攻撃的。そしてこの曲に限らず、一歩踏み込んだ死生観を匂わせる歌詞が多い部分には3.11の影響も見え隠れするし、幻想的なジャケットや空間/余韻を強調するような音作りもあって、ただポップなだけでない、シンプルなフレーズを丁寧に紡ぎながらも捻りのある世界を構築しているのは正にB-Tならでは。そしてノイズと浮遊感を増したアレンジが光るラストの「夢見る宇宙 -cosmix-」にて、包み込むような展開から最後に飛散していく流れが感涙もの!重厚なサウンドや世界観のアルバムでは決してないし、そういうものを期待する人には不満も残るかも知れないけど、個人的にはかなりお気に入り。