Skinny Puppy / The Process

Process

Process

 

 カナダ出身のインダストリアル/EBMユニットの8thアルバム。

 

 1995年に(一度)解散した彼らの(当時の)最終作。古巣のNettwerkからレーベルを移り、1993年から1995年にかけて制作が行われるも、様々な事情によって難航。一度は中止、更にはグループ存続の危機に陥る中、メンバーのDwayne Goettelがオーバードーズで逝去。それが大きな引き金になり解散した後、彼への追悼作品として完成されリリースに至るという経緯がある作品です。特徴的なのは何と言っても強力なメタルギター/ギターノイズの導入。近い謳い文句だったかつての作品「Rabies」を大幅に凌ぐほどに攻撃的なギターを主力に置いて躍動的にテンポを刻むサウンドは、瞬間的にはKMFDMを彷彿とさせるほどにスタイリッシュで驚き。しかし電子ノイズの絶妙な活躍や、覇気や感情が喪失したかの様な独特なボーカルまで含めると、やはりどこか異質めいた魅力は健在だと認識させられるし、シンセやピアノの音色をシンプルに生かしたスローナンバーには、以前には無かったレベルで「歌」を感じさせ、それこそどこか死を悼むような悲哀さや物悲しさが赤裸々に表出しているかのようで、Skinny Puppyらしいケミカル&グロテスクな雰囲気はかなり薄れている一方でも、まるで流線形のような端正なフォルムで、ステロタイプなインダストリアルメタルとは一枚も二枚も上手の存在感と完成度を証明しています。これぞ流線形ゾンビ。何だそれ。彼らの代表作としてよく挙がるもの・相応しいものとはまた異なるというのは重々承知しているけど、例え邪道と言われようと、彼らの作品の中では個人的にトップクラスで好きな作品だったりします。これが格好良くない筈がなく!