PIG / Pigmata

Pigmata

Pigmata

 

 UK出身のRaymond Wattsによるインダストリアルプロジェクトの7thアルバム。

 

 PIGではなく新たにWatts名義で2004年にUKで発表したアルバム「Pigmartyr」をリマスター&新曲を3曲追加し、「Pigmata」に改題してPIG名義で翌年USでリリースし直したもの。リアルタイムで追った人にはお騒がせな作品かも知れないけど、どうやら「Pigmartyr」の方はレーベル側の不備で音質や販売等の面で不遇だったようで、再発によってその辺りが救済されたような格好らしいです。そんな本作、確かに音が良いというかクリアで迫力十分で、自然に耳がいくのがラウドなギターとドラム。近々の制作陣に新たにKMFDMのドラマー・Andy Selwayを加えたことで、ほとんどKMFDMになり まずドラムが目立つ。タム回しからバスドラ連打、そしてクラッシュをバシバシ打ち鳴らす仕事ぶりは、過去の打ち込みメインのPIGには無かったアグレッシブさ。そしてギターに関しても、以前までの"PIGの音像を作り上げるパーツ"的な取り入れ方とは異なり、本作では完全にサウンドの要で、総じて「バンドサウンド」「ライブ感」が強調されたかのようなスタイルに。ダークで激しめのサウンドはそれだけで一定の格好良さがあるけど、元来の低く潰れて唸り声同然のボーカルと同化しまくってやたらヘヴィだし、オーケストレーションのアレンジやラテン系の楽曲などのお家芸アプローチも影を潜め、テンポもそう速くないので、全体としてはその統一感が裏目になり地味な印象が先行してしまうのは否めないところ。そこがやや残念ではあるけど、個人的には結構好きな一枚。ちなみに、藤井麻輝と共作しSCHAFTで発表した「Arbor Vitate」と、櫻井敦司のソロ作に提供した「YELLOW PIG」のセルフカバーも収録されているので、興味がある方は聴き比べると面白いかも。