101A / LETHE

lethe

lethe

 

 3人組ポストロック/シューゲイザーバンドの3rdアルバム。

 

 サポートドラマーとして参加していたSallyが2007年に正式に加入、3人体制となってからは初となるアルバム。だからというわけでもないだろうけど、まさに満を持したというか、バンドの本領発揮を感じさせる力作となっています。オープニング「雪の世界」から、軋むようなギターや変則的なリズムの妙、そしてそこに乗るnoahの溶け入るようなボーカルによって幽玄な空間が作られ、いきなり緊張感はMAX。その後も、アルバムの世界観を露にする朗読のトラック「LETHE」を挟み、ラフでヘヴィなグランジをバックにnoahが挑発的なボーカルで暴れる中盤にしても、相反したギターによるサウンドスケープに甘いウィスパーボイスを乗せたシューゲイザーを放つ終盤にしても、楽器の鳴りや響きの細部まで気を払い、混沌・虚無・恍惚といった具合に表情を自在に変化させるサウンドメイクと流れの良さで、聴き手の心を侵食していくかのような魅力を放ち続けます。ラストの「lull」は1stアルバム収録曲「mekuraauwo」のリメイクにあたるのだけど、それを聴き比べると彼らの進化具合がよく分かるし、本作には、例えば前作で言う「grief coast」「corona」のような歌メロが立っていて比較的聴きやすい曲はないと言えばないけど、個人的には全く物足りなさを感じないほどに惹き込まれました。acid androidyukihiroも絶賛したという逸話もあるようで、その界隈のインダストリアルやポストロック、あとは睡蓮とかが好きな人にはとっても相性が良さそうな一枚(ただし入手困難)。

【23:00追記】iTunesで購入できるとのご指摘を頂きました。ありがとうございました。