川田まみ / MAMI KAWADA BEST BIRTH

MAMI KAWADA BEST BIRTH (通常盤)

MAMI KAWADA BEST BIRTH (通常盤)

 

 I've専属ボーカリストの編集盤。

 

 キャリア初となるベストアルバム。その内容はメジャーデビューから本作発売前後までの約8年間におけるシングル曲を"ほぼ"網羅し、終盤にインディーズ時代の楽曲と新曲を収録したもので、実質的にはシングルコレクション+αという形。それを彼女のベスト盤と呼んでいいのかという疑問はさて置くと、一つの作品としては文句なく素晴らしいもの。それは別に彼女のアルバム曲が不要だとかそういう意味ではなく、大型タイアップと二人三脚でじっくり作り上げてきた彼女のシングルヒストリーが、そのままI'veサウンドの進化の歴史とリンクしたという事実。既に同I'veで活躍中だったKOTOKOとの差別化も(初期は似ていたと評されていた)恐らくは課題だっただろうけど、1stシングル「radiance」でその回答を見せ、バラード「赤い涙」で落とし、パンキッシュな「Get my way!」やハードロッキンな「JOINT」で加速し、テクノロジーとロックが高次元で融合した名曲「No buts!」に繋がるなど、彼女とI'veの音楽性が完成していく様が手に取るように感じられるんですね。そこにはシングルをただ並べただけとは思えない聴き応えがあり、彼女の成長譚を追体験するようでもあり。特に中盤以降の楽曲の並びは圧巻の完成度。インディーズ(PCゲーム)曲も、彼女のボーカルデビュー曲の再録や代表曲「eclipse」等、最低限ながらも抑えるべき曲が並ぶ。後に引退に合わせた3枚組のベスト盤も出たけど、手軽さや入門用としての価値は依然高いし、選択肢の難しさから悩ましい出来になりがちなI've専属歌手のベスト盤としては1、2を争う程にお勧めできます。