折戸伸治 / circle of fifth

circle of fifth

circle of fifth

 

 Key Sounds Labelの作曲家による初のパーソナルフルアルバム。

 

 一世を風靡した美少女ゲームブランド・Keyに所属する作曲家・折戸伸治が、ゲーム/アニメ作品のテーマ曲を中心に、14年に渡る活動の中で手掛けた数多の楽曲から選出した2枚組コンピレーション。Keyの設立メンバーでもあり、「Kanon」「CLANNAD」等の大ヒット作品で一時代を築いたというこの界隈では名うての作家なだけあって、その軌跡が一通りまとめられた本作は、まさに名曲の宝庫と言えます。内容は様々な歌手への提供曲が集められており、I'veのKOTOKO川田まみLiaを筆頭としたKey所属歌手、更には当時新人だったやなぎなぎ・Rayなど豪華な面々が並び、シンセ/ピアノを重用しながらも曲調も様々でバラエティ豊か。2000年代中盤以前の比較的古い曲がリアレンジされているというのも大きなポイントで、原曲の良さや雰囲気を損なわない良質なアップデートにより、今の時代なりの音としてより違和感なく、また原曲を愛したファンにも新鮮に響くという嬉しさも。Disc2の中盤以降は、本作が歌手デビューとなった北沢綾香の楽曲で固められており、書き下ろし曲やゲームBGMのボーカル化曲などここでしか聴けない曲も多く要注目。一曲一曲細かく言及するときりがないのだけど、根底にある普遍的な魅力というのは年代・作品・歌手問わず一貫しており、その要因は作品と寄り添いながらも音楽のみで十分な牽引力を生み出し、新風を吹き込もうとする先駆者としての矜持が存在するからではないかと。なので、特に名曲と名高い「鳥の詩」を筆頭に、今もなお語り継がれるのでしょう。I'veやKeyのファンは勿論、アニソン文化が好きなら広くお勧めできる一枚。