SUGIZO / COSMOSCAPE

COSMOSCAPE

COSMOSCAPE

 

 LUNA SEAのギタリストによる編集盤。

 

 バンドの活動休止時から始まったソロ活動の10周年を記念したベスト盤。2ndアルバム「C:LEAR」以降の彼の活動は、The FLAREの結成、LUNA SEAの一夜限りの再結成、X JAPANJuno Reactorのサポート等で忙しくしていたものの、純然たるソロ名義での新作を出していなかったわけで、実質2枚のアルバムというキャリアでベスト盤出すの?と最初は思いました。しかし実際に聴いてそれを覆されたというか。コンピレーション盤への提供曲や彼が手掛けたサウンドトラック収録曲、またSUGIZO feat. bice名義でのシングルなどから選りすぐられた楽曲を本作用にリメイクし、それを全体の頭・中間・終わりに配置。断片であれ、細かく追い切れなかった彼の多彩な活動が拝めるのは嬉しく、また同時にこだわりも感じるし(特に「TELL ME WHY?」がヘヴィなギターが炸裂するハードトランスで抜群に格好いい)、その隙間の前半に1st収録曲、後半に2nd収録曲を置き、全体を新ミックスするという構成にも力の入れ様を感じます。それも、彼自身がボーカルを執ったシングル曲は一切なく、明確な歌モノも名曲「SWEET」「VOICE」など極一部に留まるといった強気ぶりで、商業的な意図よりも過去のアルバムとは異なる切り口で、自ら納得のいく形で、新たな解釈と価値を生み出そうとする意志が感じられます。まさにアーティスト。幅広いクラブミュージックや映画音楽への接近、彼の魅惑的なバイオリンやギタープレイ、またその枠に留まらない実験と次なる挑戦への布石を流れるように楽しめる傑作。彼の音楽センスが小宇宙のように広がっている…というのは大げさかも知れないけど、「ライフワークアルバム」という別名も納得の逸品。